収納術・片付け術最近の投稿

More

万能フック・仕切りトレー・ケース・つっぱり棒で100均収納

万能フック・仕切りトレー・ケース・つっぱり棒で100均収納

食卓テーブル脇に便利な100均収納

食卓テーブルで過ごす時間が多い人は、どうしてもテーブル回りに収納が欲しいものです。
しかし、スペースを設けることが出来ない場合、テーブル自体にちょっとした工夫をするだけで解決します。
テーブルの脇部分にフックを固定するだけです。
後は、テーブルの脚に合わせたサイズの布バッグを掛けるだけです。
中に新聞や雑誌、趣味の手芸道具等を入れて置くのに便利です。
100均のトートバッグは作りが丈夫で、ホワイトカラーを選ぶと清潔感もあってお洒落です。
汚れたら洗うことが出来るので、いつも綺麗な収納袋として重宝します。

扉裏に鍋蓋を隠す100均収納

鍋蓋を収納する場所が無い場合、壁収納がお勧めですが、出来るだけキッチンをすっきりさせたい時は隠す収納が理想です。
そこで、シンク下やレンジ下の収納扉を利用します。
扉裏にフックを固定して、そこに鍋蓋を引っ掛けます。
シンプルなアイテムなので、目立たず、他の物の収納を邪魔しません。
日ごろから多く使う鍋を積極的に収納することで、キッチン周りが汚れずに、広い空間での調理はテンションも上がってきます。
主婦にとっては、とても嬉しい収納方法でしょう。

生活に欠かせないティッシュの100均収納

使っているティッシュボックスは定位置に置くことで、使いやすくなります。
置くスペースが無い場合は、冷蔵庫の横に固定させると便利です。
そこで、100均のティッシュボックスフックを使ってみましょう。
貼って剥がせるくりぴたシートを採用していることで、どこでも好きな場所に張り替えることが可能です。
冷蔵庫の横はデッドスペースになっていることも多いので、この空間を上手く利用することが出来ます。
ホワイトカラーでとてもスリムな為、ティッシュボックスをインしている時は見えにくく、目立ちません。

鴨居フックで釣り竿100均収納

趣味で釣りをする人にとって、釣り竿は宝物です。
いつも綺麗な状態で保管する為にも、収納にはこだわりたいものです。
釣り竿を入れるオープン棚がある場合、100均の鴨居フックを使います。
棚の淵に鴨居フックを掛けて、その間に釣り竿を固定させます。
棚収納をすることで、子供がいてもぶつかって壊されることがありません。
鴨居フックは通常のフックよりも安定性が高いので、大事な釣り竿収納にも適しています。

棚下に鍋かけ放題100均収納

100均のS字フックは様々な部屋の収納に適しています。
例えばキッチンの場合、網棚になっている時は、この棚の下にS字フックを引っ掛けます。
そこに収納したい鍋やフライパンを引っ掛けていきましょう。
鍋が多い際の収納に適していて、下げることで水気が切れて、清潔な状態で使うことが出来ます。
奥行があるスペースの場合、どうしても奥の鍋を取り出すのは不便です。
又、重ねる収納は、下の鍋が見えにくく、とりだしにくくなります。
その為、S字フックを使った吊るす収納は、高さのある空間スペースがあり、上に網棚がある場合において、重宝する収納術です。

使わないコードを机下に隠す100均収納

テーブルが壁側に置かれている場合、テーブルで隠れた壁にフックを固定させる収納が便利です。
ここに使わないコードを丸めて引っ掛けるだけです。
テーブルの下の壁を利用することで、視界から見えにくい為、目立つこともありません。
使う際にはフックから外すだけなので、とても手軽な収納法です。
どのプラグ・コードなのかが分かりやすいようにネームタブを付けておくと良いでしょう。
白い壁と白いコードであれば、ホワイトカラーのフックを使うことで、統一性が出て、清潔で目立たずに綺麗に収納することが出来ます。

仕切りトレーで引き出し100均収納

100均の収納アイテムには、細かく仕切りがされたトレーがあります。
この仕切りトレーを収納スペースに入れるだけで、ぴったりフィットした小物収納が可能です。
収納で出来る無駄な空間は、せっかく整理されていても、綺麗に見えません。
又、空白が生まれることで、収納容量も落ちてしまいます。
そこで100均のトレーを購入する際には、収納スペースのサイズを測って、ぴったりサイズのトレーを探してみてください。
見た目も収納力も抜群の引き出し整理が可能です。

仕切り板で隅までしっかり100均収納

区切りのない収納スペースには、100均の仕切り板を使うと便利です。
スペースの隅から隅まで対応できる為、無駄な空間を作りません。
仕切りを設けることで、立てる収納が望める為、上から一目で見れる整理が可能です。
仕切り板は、サイズを自由に変えることが出来るので、どんな物でも区切った収納が出来るのが特徴です。
しかし、縦横のサイズについては、事前に測っておかないと、無駄な買い物になってしまいます。
購入する前に、収納スペースの横と奥行を確認しておきましょう。

四角い容器はぴったりフィット100均収納

収納スペースをくまなく利用する為には、無駄な空間を作らないことです。
積み上げて使うことで、より空間を有効利用することが出来ます。
そこで、100均の四角い容器は、並べて整理すると、対面している面積が広いので、無駄な空間が無く、その分より多くの物を入れることが可能です。
又、四角い容器の為、上面が平になっているので、上に積めます。
横にぴったりだけでなく、上にもしっかり収納することが出来る点でも魅力的です。
容量が多い物を区分けしたいのであれば、四角い容器を使ってみましょう。

プラケースできっちり区切って100均収納

収納スペースを上手く区切る方法は、100均の仕切り板があります。
しかし、もっと分かりやすく、取り出しやすい収納は、プラケースを使った収納法です。
ホワイトカラーで統一することで、清潔で回りの空間を邪魔せず、広さを保ちます。
サイズの異なるプラケースを上手く組み合わせることで、色々な物を1つの空間に収納することが出来ます。
又、逆に同じサイズで統一することで、より綺麗な収納を目指せます。
仕切りとして重宝する一方で、立てる収納で見やすく、ケースごと取り出せるので、ひとまとめに移動が出来て便利です。

つっぱり棒でジャストフィットする100均収納

収納スペースがあっても、適度な棚が無ければ、ただの空間です。
この空間を上手く利用したのが、100均のつっぱり棒です。
スクエアボックスとの組み合わせによって、無駄なスペースがなく、しっかり収納ボックスを固定することが出来ます。
蓋が付いている為、埃が入ることも無いので、扉の無いオープン型でも綺麗に保管することが可能です。
白い壁空間であれば、ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、より素敵な収納スペースが誕生します。
色々な物を無駄なく収納出来る為、シンデレラフィットにぴったりです。

ストレージボックスで隠すぴったり100均収納

カラーボックス等のオープン棚は、中身が丸見えなので、隠したい収納には適していません。
そこで、100均のストレージボックスを使って、隠す収納が出来ます。
前もってカラーボックスサイズを測っておくことで、隙間のないストレージボックスを選ぶことが可能でしょう。
布製の為、手軽に洗うことが出来る為、いつも清潔な状態を保つことが出来ます。
隠して、そしてボックス棚の隅から隅までしっかりとフィットするので、大容量の収納に向いている方法です。
ロゴがあると、インパクトがありお洒落なインテリアとして演出可能です。

整理収納整理収納