収納術・片付け術最近の投稿

More

使いさし食品を綺麗に100均収納

使いさし食品を綺麗に100均収納

クリップですっきり100均収納

開封した食品の袋は、見た目があまり綺麗じゃない上、汁が飛び出てしまう恐れがあります。
そこで、100均のクリップで閉じることで、見た目がすっきりして、使いたい時もクリップを外すだけなので簡単です。
同じく100均のクリアケースに入れることで、外から見やすく、周りの収納スペースにもマッチするので、見た目を汚しません。
ケースもクリップも軽い素材なので、冷蔵庫等の奥行のあるスペースでも、簡単に引き出すことが可能です。
縦置き収納にすることで、上から一目で分かりやすく、子供でもクリップを外すだけと言う手軽さです。
これで、冷蔵庫の奥に押しやられて忘れ去られてしまう賞味期限の食品も、これからはしっかり美味しい状態で食べ切ることが出来るでしょう。

ジッパーに入れ替えて100均収納

一度封を開けた食品は、液や汁が漏れやすくなる為、別の袋に入れ替えるのが良いです。
そこでお勧めなのが、100均のジッパー袋です。
しっかり閉じることで、しっかり素材を保存することが出来ます。
そして同じく100均のプラケースの中に立てて収納すると良いです。
上から一目で分かりやすく、取り出しやすくなるので、消費期限・賞味期限切れを防ぐことが可能です。
袋の上にラベリングをしておくことでより分かりやすくなります。

温め可能のパック100均収納

パックを開けてしまった食品は、一度パックに出して保存した方が良いでしょう。
そこで便利なのが、100均の温め可能なパックです。
蓋が付いている為、しっかり密封されるので液漏れせずに保存が可能です。
又、このタイプのパックは、温めることが出来る為、冷蔵庫や冷凍庫で保存した食品を、解凍したり、チンすることが出来ます。
別容器に入れ替える必要が無い為、無駄な皿を使わずに洗い物も少なく、主婦にとっては嬉しい容器です。
半透明ケースなので中身が見やすいのですが、より分かりやすくする為に、ラベリングをすることを推奨します。

仕切り板で縦置きすっきり100均収納

一度開けた食品の袋は、縦置きにすることで、液漏れしにくく、綺麗に収納することが出来ます。
お勧めなのは、100均の仕切り板で、好きな箇所で区切ることで、収納スペースを上手に利用した整理が簡単に可能です。
上から一目で見ることが出来る縦置き収納には欠かせないアイテムです。
特に冷凍庫収納では、冷凍してしまうと中身が分かりにくくなるので、立てること、ラベリングをすることで分かりやすくなります。
食品の開封口を折り曲げても、立てる収納の場合は漏れることもないので、仕切り板はお勧めです。
一つの仕切りで隙間なくしっかり入れることで、倒れる心配もありません。

ガラスボトルで見せる100均収納

青のり等の袋は開封すると、クリップ等で留めて保管することが多いでしょう。
しかし、それではあまり綺麗な印象ではありません。
そこで、100均のガラスボトルを使った収納を目指しましょう。
ガラスボトルなので中身が一目で分かりやすく、ストック切れを防ぐことが出来ます。
青のりは、鮮やかな緑色がガラスボトルに入れることでより一層映えるので、入れ替えてみると良いでしょう。
湿気対策が出来る密封された蓋付ボトルを選ぶと、長期保存が望めます。
新鮮な状態で使い切るように、小さめのボトルに入れると、こまめに入れ替えることで、いつでも美味しい青のりを食べることが出来ます。

整理収納整理収納