収納術・片付け術最近の投稿

More

シーズンオフの扇風機を綺麗に100均収納

シーズンオフの扇風機を綺麗に100均収納

専用袋でしっかり100均収納

夏に涼しく快適に過ごせる扇風機も、季節が終わると邪魔な存在です。
とは言ってもなかなか収納出来るスペースが無い場合、100均の扇風機専用袋で隠す収納を目指しましょう。
お洒落なデザインが多く、扇風機本体を隠すことが出来なくても、インテリアとして演出することが可能です。
専用カバーの目的は、扇風機を埃から守る作用がある為、ファンに付きやすい埃をシャットアウトします。
次シーズンにも綺麗に使えるように、一度扇風機を分解して細かく洗浄しましょう。
そしてもう一度組み立てて、この専用袋に入れて収納してください。

タワー型も綺麗に100均収納

タワー型の扇風機は、専用の丸い頭の扇風機収納袋が多い為、収納には困ってしまいます。
そこで丸い頭の扇風機専用収納袋を使った収納を目指します。
サイズが異なる為、100均のリボンで根元の部分を結ぶことで、すっきりした本来のボディが現れます。
モノトーンカラーを選ぶことで、落ち着いたお洒落な印象の収納が望めます。
専用の収納袋なので、しっかり埃から守り、大事な扇風機を次の季節まで保管してくれます。
リボンを付けることで、よりお洒落なインテリアとして魅せる収納が可能です。

キャスター付きで出し入れ楽100均収納

シーズンオフ中は扇風機は必要ない為、押入れやクロゼットの中に収納するのが基本です。
しかし、夏以外でも気温が暑くなる時期もあり、手軽に使える扇風機は便利な存在です。
とは言っても、一度収納した扇風機を出すのは面倒くさいものです。
そこで、100均のすのことキャスターを使った、移動式収納スペースを作ります。
すのこでボックスを作り、その下にキャスターを固定します。
後は扇風機を入れるだけで完成です。
季節外れの気温が高めの時でも、移動式なのでさっと取り出せて、すぐに使うことが出来ます。

プレンティボックスで隠す100均収納

季節外れの扇風機を収納する場合、ファン等を洗うことになりますが、そのまま分解した部品を整理するのに便利なのが、100均のプレンティボックスです。
ホワイトカラーで清潔感があり、中身が見えないので、綺麗に収納することが出来ます。
箱型の為、別の荷物を上に積み上げることも出来る為、収納スペースを無駄にしません。
プレンティボックスにはラベリングをしておくことで、一目で分かりやすくなります。
又、箱には蓋が付いている為、扇風機を埃から守ることが可能です。
使う際には取り出して、組み立てるだけで完了です。

布団収納袋でしっかり100均収納

布団を収納する為の袋なので、大き目サイズですが、大型の扇風機の場合に適しています。
ホワイトやブラック等のモノトーン素材を使うと、落ち着いた雰囲気で回りの色を左右しません。
布団を埃から守る働きがあるので、この袋に入れることで同様に扇風機も埃から守ります。
ボディをすっきり見せる為に、リボンで結ぶと、収納スペースに綺麗に収まります。
隠す収納ですが、リボンを使うことでお洒落な演出が可能です。
冬の厚めの布団を入れているカバーと統一することで、収納スペースが落ち着いた雰囲気になります。

髪飾りでワンポイント100均収納

100均の扇風機専用袋を使うことで、収納する際に埃から扇風機を守ります。
見た目もお洒落なデザインが多いので、自分の好みで選ぶことが出来ます。
ボディラインをシェイプに見せる為に、リボンでボディを結ぶと可愛く仕上がります。
その際に、100均の髪飾りを使うとより可愛く演出が可能です。
例えば、ひまわりの髪飾りを使うと、夏に使った扇風機の印象が出て良い感じになります。
付属のリボンだけでは味気ないと感じたら、オリジナルに髪飾りで飾ってみましょう。

整理収納整理収納