収納術・片付け術最近の投稿

More

かさばるモップもスマートですっきり100均収納

かさばるモップもスマートですっきり100均収納

つっぱり棒で簡単引っ掛け100均収納

柄の長いモップを収納するのに便利なのは、引っ掛ける方法です。
下に付かずに壁空間を利用することで、見た目をすっきり綺麗に見せることが出来るからです。
引っ掛けるポールが無い場所では、左右に壁を見つけることで、つっぱり棒を使うことが可能です。
そこに100均のS字フックを付けて、モップを引っ掛けるだけで完成です。
見た目も綺麗ですぐに使うことが出来る点でも、一石二鳥の効果が望めます。
普段使わないデッドスペースを有効利用で、簡単に出来る収納術です。

筒状ボックスですっぽり100均収納

ハンディタイプのモップは、ボックス収納が適しています。
100均の筒状ボックスは、モップがすっぽり入って便利です。
同じく100均のワイヤーネットを壁に固定して、好きな箇所にこの筒状ボックスを付けるだけで完成です。
ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、見た目を阻害しません。
使った後の汚いモップ部分を隠すことが出来るので、常にお洒落な収納が望めます。

ワンキャッチで脱着自由な100均収納

100均アイテムには、柄の長いモップを簡単に収納することが出来る専用アイテムがあります。
その名もワンキャッチで、柄の部分で簡単に脱着が出来る点で便利です。
ホワイトカラーなので、白い壁に固定することで目立たなく、すっきり綺麗に収まります。
固定する位置によって、モップが床に付かない為、清潔で綺麗なまま収納が出来ます。
モップだけでなく、クイックワイパーのようなタイプでも同様に柄の部分を固定することが可能です。
100円アイテムなので、試してみる価値はあるでしょう。

扉裏で隠す100均収納

掃除用具専用の収納棚があっても、綺麗に整理が付かない場合、扉裏を利用してみましょう。
そこに、100均のフックを付けることで、隠す収納が望めます。
ハンディタイプのモップであれば、この扉裏収納はベストマッチです。
ハンディタイプモップは、毎日こまめに使うものだからこそ、見やすく、取り出しやすい収納が要求されます。
扉裏は機能性も十分な収納スペースなので、デッドスペースにせずに積極的に使いましょう。
収納スペースの色とマッチしたフックを選ぶことで、目立たずに綺麗に収納が出来ます。

プラ花瓶で可愛く演出する100均収納

ハンディモップの収納に困ったら、100均のプラ花瓶がお勧めです。
ホワイトカラーを選ぶことで、清潔感があり、モップ部分が隠れるので、汚れが見えません。
花瓶タイプであれば、幅口が狭く、ハンディモップもスッポリ綺麗に収納が出来ます。
入口がお洒落に加工された作りになっていればいるほど、モップをインテリアとして収納することが可能です。
シンプルなデザインは、周囲との調和が取りやすく、見た目を阻害しません。
プラスチック素材であれば、こまめに洗えるので、常に清潔に使うことが出来ます。

キャラデザインは魅せる100均収納

モップと言っても色々な種類があり、ハンディタイプにはキャラクターデザインがされた物もあります。
例えばうさぎ柄がデザインされているハンディモップは、とても可愛いので見せる収納が望めます。
うさぎ柄のデザインが見えるように、小さめの100均のプラ植木鉢を使いましょう。
ホワイトカラーを使うことで、清潔感があり、デザイン性の高いモップも映えます。
可愛いデザインのモップは、子供たちも大喜びで率先して掃除を手伝ってくれます。
常に掃除を心がける習慣を持つことで、大晦日の大掃除も簡単に済ますことが出来るでしょう。

整理収納整理収納