収納術・片付け術最近の投稿

More

かさばりやすい掃除機をすっきり100均収納

かさばりやすい掃除機をすっきり100均収納

大きなプラカゴでざっくり100均収納

掃除機はそのままではかさばりやすいので、分解して細かく収納するのが良いでしょう。
そこで、掃除機のノズル等を収納する際に便利なアイテムが、100均の洗濯カゴです。
シンク下や押入れにスッポリと入るので、隠す収納が望めます。
白い壁と統一する為に、ホワイトカラーのプラカゴを使うと便利でしょう。
ノズルを丸めて、中にざっくり入れるだけです。
洗濯カゴは取手が付いているので、取り出しやすく、移動する際にも使いやすいです。

ハンディクリーナーは引っ掛け100均収納

ハンディタイプのクリーナーは、立てる収納よりも引っ掛けるタイプがお勧めです。
その際に便利なのが、100均のフックです。
同じく100均のタオルハンガーにフックを引っ掛けることで、ハンディクリーナーを収納することが出来ます。
コードは丸めてしまうと傷みやすくなるので、折り目を付けずに優しく引っ掛けると良いでしょう。
壁に直接固定する方法が嫌であれば、クリーナー類を収納する棚を作ると便利です。
すのこを使って枠を作り、裏板を固定することで、簡単に棚が出来上がりますので、掃除用具一式を収納するのに重宝します。

ワイヤーネットでぶら下げ100均収納

100均のワイヤーネットを使った収納法は、色々重宝します。
掃除機ノズルを掛けるにも便利なアイテムなのです。
ワイヤーネットを壁に固定して、S字フックを使って掃除機ノズルを引っ掛けます。
その他にも塵取りやほうき、モップ等を引っ掛けることで、掃除用具一式がしっかりと収納出来ます。
壁空間は意外と有効利用されていない場合も多く、置き収納で部屋スペースが狭く感じるよりも便利です。
掃除機本体は、その下にボックスを置いて収納すると良いでしょう。

押入れに便利なキャスター付き100均収納

昔からある押入れは、布団収納の為に真ん中に仕切りがあります。
その為、下の段の収納が奥行がある為、どうしても放置してしまう可能性が出てきます。
そこで、引き出しタイプの収納が推奨されるのです。
100均の板とワイヤーネットを使うことで、簡単に引き出し収納スペースが完成します。
キャスターを付けると、簡単に移動することが出来ますし、掃除機もしっかりと納まります。

ランドリーバスケットでスッポリ100均収納

100均のランドリーボックスは意外と幅が大きく、掃除機もスッポリ入ります。
掃除機を縦置きにすることで取り出しやすく、取手が付いているので、移動にも重宝します。
カゴタイプではなく、布製の場合は、外から見えにくいので、隠す収納が望めます。
お洒落なロゴが付いているので、普通に置いていても違和感が無く、インテリアとしての要素を発揮します。
特に2階との兼用で使っている掃除の場合、そのまま運ぶのが大変なのですが、取手が付いていることでとても運びやすい点でも魅力的です。
ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、見た目を阻害することもありません。

プレンティボックスで綺麗に100均収納

掃除機の大きさによりますが、100均のプレンティボックスも掃除機収納として重宝します。
四角いボックスなので、上に積むことが出来るので、収納スペースに無駄なくしっかりと入れることが出来るでしょう。
ホワイトボックスなので、周囲の色に合わせることが可能で、狭さを感じません。
中身が分かりにくいので、表にラベリングをすることをお勧めします。
コンパクトサイズの掃除機であれば、すっぽり綺麗に収納出来るでしょう。

整理収納整理収納