工夫次第でアイデアが光る100均収納

工夫次第でアイデアが光る100均収納

茶筒に入れて最後まですっきり100均収納

ケチャップやマヨネーズは、ボトルの底に溜まった液が最後まで使えずに、イライラしてしまうこともあります。
スプーン等で搔き出して使う人もいますが、もっと画期的なアイテムがあります。
100均の茶筒を使って収納する方法です。
トマトケチャップやマヨネーズ等の大型チューブ入り調味料を、100均の茶筒本体にキャップを下向きにして入れます。
これで自然にチューブの底の液が下に降りてくる仕組みです。
後は茶筒の上部にラベリングをするだけで完了で、冷蔵庫に入れて保管しましょう。

小袋入り調味料は小ケースで100均収納

納豆や焼き肉のたれ、しょうゆにわさび等の小袋に入った調味料は、こまごまとしていて乱雑になりやすいものです。
これらの物を整理するのに便利なのが、100均のミニケースです。
深さのない浅めのケースに入れることで、中身が分かりやすく、立てて収納すると、上から一目で分かり、取り出しやすくなります。
ホワイトカラーを使うことで、清潔感があるので、白い冷蔵庫の内装にマッチした収納が望めるでしょう。
袋にまとめてしまうと、なかなか全てを使い切ることなく消費期限が切れてしまうのですが、表に出して立てることで、見やすくなり、これがこまめにチェックして使うようになれば、無駄にすることがありません。
見た目もすっきりするので、冷蔵庫ポケットに合うサイズを探してみましょう。

リモコン入れをチューブ100均収納

100均のリモコン入れは、冷蔵庫の中でも綺麗に整理が出来るアイテムに変身します。
半透明ケースを使うことで、冷蔵庫の白い空間とマッチして、邪魔をすることがありません。
スタンドタイプになっているので、奥の段に高さのある調味料チューブを入れて、手前の段に背丈の低い調味料を入れると便利です。
細長いチューブは転倒しやすい為、仕切りがあるケースはとても重宝します。
出来るだけ分かりやすくする為に、ラベリングをしておくと良いでしょう。
段差のあるスタンド収納を利用することで、奥行もしっかりと対応出来るアイテムです。

フォトフレームとクリップで出来る100均収納

写真をディスプレイする収納は、大事な思い出を飾る大切なアイテムです。
そこで、100均のフォトフレームと糸、クリップを使った簡単な写真ディスプレイを紹介します。
作り方は簡単で、フォトフレームに糸を数段左右の額に開けた穴から通し、固定します。
その糸に飾りたい写真をクリップで挟んで完了です。
これでお気に入りの写真を飾る収納が望めるでしょう。
壁に立てかけることでお洒落なディスプレイインテリアになりますが、フレームは、白い壁に合わせてホワイトカラーに統一すると違和感がありません。

ミニピンチハンガーで便利な帽子100均収納

数の多い帽子の収納に困るものですが、100均のミニピンチハンガーを使うことで、1つに何個も帽子をまとめることが出来て便利です。
全ての帽子を一目で見ることが出来る為、すぐに欲しい帽子を探し出すことが出来ます。
帽子の数に応じて、ミニピンチハンガーの数を増やしてみると良いでしょう。
夏用等季節に応じて、オフシーズンの帽子はクロゼットの奥に整理すると、洋服同様に帽子も衣替えが完了します。
積んでしまう収納ではどうしても下に置かれた帽子がつぶれやすく、探しにくくなるので、こういった見せる収納は重宝します。
風通しも良いので、防カビ・防虫効果にもなります。

整理収納整理収納