収納術・片付け術最近の投稿

More

桐ウッドケースを使ってアイデア100均収納

桐ウッドケースを使ってアイデア100均収納

着物を防虫100均収納

古くから着物は桐ダンスに収納するのが定番でしたが、最近では、タンス自体を置く習慣が無くなりました。
クロゼット内で洋服を収納してしまうので、この空間を上手く利用して、着物を大切に収納する方法があります。
それが、100均の桐ウッドケースです。
その名の通り、桐のケースで、蓋が付いているので、埃を被ることもありません。
防虫剤を入れて大切な着物を収納するのに適しています。
桐のウッドケースの特徴は、木の温もりを感じることが出来ることで、軽い・安い・シンプルなので、どんな場所でも違和感がありません。

コンパクトケースはペイントでティーパック100均収納

桐ウッドケースと言っても、色々なサイズがありますので、コンパクトな小さめのボックスの場合は、色を塗って、お茶漬けや鰹節パックを入れるのに重宝します。
桐のケースはとても軽くて持ち運びがしやすい点が、魅力的です。
又、木が柔らかいので、穴が開けやすく、100均のインテリア取手を付けることでお洒落なボックスに早変わりします。
小箱としての利用は、他にもティーパック入れ等にも代用出来ますので、自分なりのオリジナルボックスを作って、インテリア収納を目指してみましょう。
水性塗料は重ね塗りをすることで、より深みのある色合いになります。
転写シールや粘土で作ったアルファベッドを組合わせることで、よりインテリアとしての要素が発揮されるでしょう。

デコパージュで可愛くお洒落に100均収納

桐ケースはとても軽くて、運びやすい特徴を持っていることから、ジュエリーケースとしても重宝します。
そこで、100均の桐ケースを二つ互いに組み合わせて、蝶番で繋げます。
同じく100均のアンティーク錠を付けて、基本のボックスが完成します。
このボックスをホワイトカラーで塗り、好きな柄のペーパーナプキンをデコパージュ専用剤で貼り付けます。
隅を100均のレースシールで仕上げて完成です。
イチゴ柄のペーパーナプキンを選ぶと、まるでイチゴケーキのようなお洒落なデザインのボックスが誕生します。
この中に大好きなジュエリーを収納することで、毎日眺めているだけで楽しくなってきます。

取手を付けて洋裁アイテム100均収納

取れたボタンを糸で付けたり、補修をしたりと、ちょっとした修正に便利なミニ洋裁セットはあると便利です。
そこで、桐の小箱に入れて、いざと言う時に使える収納ボックスを作りましょう。
蓋の中央にキリで穴を開けて、100均のアンティーク取手を付けます。
箱自体を好きな色でペイントすることで、オリジナルのボックス収納が望めます。
小箱なので、運びやすいメリットがあり、ペイントと転写シールで仕上げることで、よりお洒落なボックスに変化します。
中に仕切り板で区切ることで、糸や針、ハサミと上から見やすく、すぐに取り出すことが出来て便利です。

ボックスを組み合わせて壁かけ100均収納

小さい桐ボックスを組合させて、壁かけディスプレイ棚が完成します。
桐ボックスをボンドで繋ぎ合わせることで、細かい仕切りのあるディスプレイ棚になるので、コレクション物を飾る収納が望めます。
例えば、時計やフィギュア、アクセサリー等を置くことが出来ます。
木の優しいぬくもりを感じる棚になるのですが、よりインテリアとしての要素を出す為に、ホワイトカラーで塗ると良いでしょう。
白い壁との一体感が生まれて、空間を狭く感じさせません。
又、アンティークなイメージに仕上げる為に、艶無しニスを塗ると、年期のあるイメージの棚が完成します。
イメージに合わせて、ペイントカラーを変えてみましょう。

整理収納整理収納