しゃもじを目立たず綺麗に100均収納

しゃもじを目立たず綺麗に100均収納

眼鏡立てで代用する100均収納

しゃもじを収納する際は、ごはんをかき混ぜる部分を上に、立てる収納が望ましいです。
お勧めなのは、100均の眼鏡立てです。
しゃもじを入れるのに適したサイズで、立てる収納が出来ます。
持ち手を下に収納するのも良いですが、小さいしゃもじでは逆にしてもすっきりします。
米が付いたしゃもじは、空気が触れてしまうと固まるので、水を入れて逆向きに入れると、簡単に洗うことが出来ます。
サイズもコンパクトなので、場所を取らず、見た目がすっきりします。

場所要らずの専用100均収納

しゃもじを置く場所が無い時は、直接炊飯器に付ける収納がお勧めです。
そこで、100均のアイテムを使って、見た目がすっきりした収納を目指しましょう。
必要なのは、100均の取手付き吸盤と強力マグネット、ゼムクリップです。
炊飯器付属のポケットに強力マグネットを付けて、好きな箇所に固定します。
持ち手付き吸盤で、補助のホルダーを作ります。
180度動く持ち手がしゃもじを抜き差しする際に動かないように固定する為、ゼムクリップで作るストッパーを持ち手と吸盤のつなぎ目の穴に取り付けます。
これを炊飯器に固定して出来上がりです。

立てれる100均収納

100均アイテムでは、色々なアイデアグッズがあります。
その中に、立てるしゃもじとして販売されたアイテムがあり、しゃもじ自体が自立して立つ仕組みになっています。
炊飯器の中に放置してしまうと、しゃもじが熱すぎて触れることが出来ません。
又、小皿やコップに水を入れて置いておく方法も、後々洗わないといけない手間がありお勧めではありません。
そこで、このアイテムの登場です。
取手の底の部分が広く、重たくなっている為、自立できるのです。
平らな場所があれば、そこに簡単に収納することが可能です。

仕切り板で分かりやすく100均収納

しゃもじや菜箸等、出来るだけ隠すスタイルで収納したい場合、引き出しは重要です。
しかし、間切りされていない場合、整理してもすっきりした印象にはなりません。
そこで、100均の仕切り板で区切りすることで、しゃもじを入れる場所をはっきり認識することが出来ます。
上から一目で確認出来るので、必要な時にすぐに取り出すことが可能です。
仕切りをすることで、しゃもじの住所を作ることが出来て、洗った後はきちんと戻す習慣が身に付きます。
普段は一目に触れない隠す収納なので、調理台がすっきりします。

ワイヤーネット棚ですぐ使える100均収納

フライ返しやおたま、そしてしゃもじ等は、調理の際にすぐに使えるような場所に収納する必要があります。
そこで、つっぱり棒とワイヤーネットを繋げて、レンジフードの下の壁に固定します。
ワイヤーネットの好きな箇所にS字フックを付けることで、簡単にしゃもじを引っ掛ける収納が可能です。
これでご飯が炊きあがった際にすぐにしゃもじを使うことが可能です。
白い壁とマッチするようにホワイトカラーで統一することで、空間に違和感が無く、すっきりしたレンジ周りで調理の邪魔になりません。
収納出来る引き出しが無い場合は、ワイヤーネットに掛ける方法が望ましいです。

粘土ケースで100均収納

100均の粘土ケースは、ラベルを取ると、シンプルなケースになるので、色々な収納に重宝します。
このケースを使って、しゃもじを収納します。
何個かしゃもじがある場合は、このケースに入れると、引き出しの仕切りの役目もあり、すっきり綺麗に整理されます。
粘土ケースには蓋がありますが、蓋も別の収納ボックスとして使うことが出来ます。
例えば、いくつか箸立てがあれば、このケースに収納すると良いでしょう。
100均グッズを1つ購入して、2つの収納ボックスが出来るので、お得に整理されて便利です。

整理収納整理収納