生活費を仕分ける100均収納

生活費を仕分ける100均収納

ジッパー付きで失くさず100均収納

水道代や電気代等の光熱費、食費と、生活する為には色々な出費があります。
前もって仕分けておくことで、無駄遣いをすることなく、貯金をすることが出来ます。
そこで、100均のジッパー付きケースがお勧めです。
例えば生活費、貯めるお金、1日1,000円貯金等と、きちんと仕分けることで、毎月お金をコツコツと貯めることが出来ます。
それぞれラベリングをすることで分かりやすく整理出来るでしょう。
ジッパーが付いていると、外に飛び出ることは無く、お金をしっかりと保管可能です。

コインケースでコツコツ貯める100均収納

限られた生活費の中で、少しでも貯蓄したいと思っている場合、タンス預金が合っています。
しかし、毎月多額になると、趣味等で楽しめなくなってしまうかもしれません。
そこで、100均のコインケースを使って、コツコツ小銭を貯めていく方法です。
1円から500円まで収納することが出来る為、徐々に溜まっていくのが楽しみになってきます。
例えば1円玉の列に溜まった分を、10円の列で繰り上げ、10円玉の列が溜まれば、50円玉の列で繰り上げます。
こうして少しずつお金が溜まっていくので、見ているだけで楽しいコイン収納になります。

封筒で仕分け出来る100均収納

生活費を仕分けておくのは、予算をしっかりと押さえて、それから引いた分を貯蓄に回すことが出来て便利です。
そこで、水道代・電気代と別々の封筒に仕分けると、残金で遊びや貯蓄に回す予算を作ることが出来ます。
前もって封筒に入れておくことで、使いすぎることなく、計画的な貯金が出来るようになります。
その際に同じサイズや柄の封筒を使うことも出来ますが、違うタイプの変えることで、一つ一つの項目が分かりやすくなります。
又、同じサイズやデザインでも、ラベリングをすることで、外から一目でどの項目の出費なのかが分かります。
お給料が入ったら、すぐに生活費分を仕分けする習慣を付けることで、充実した生活を送ることが出来るようになります。

袋分けのファイルで100均収納

100均の袋分けファイルは、1つのファイルに6個程度に仕切られている為、それぞれ生活費の項目ごとに収納が出来ます。
クリアケースなので、一度に中身を確認出来る為、納金した分が分かりやすくなります。
詳細についてラベリングをしておくと、より一層、見やすくなってきます。
大体生活費の項目は6個程度となる為、1ページで十分対応できるので、一度に全てを確認可能な点は魅力的です。
お金だけでなく、領収書やレシート等を入れることも出来る為、家計簿としての機能も発揮します。
1冊に収めることで、場所を取らず、すっきり綺麗に収納が出来ます。

ドキュメントファイルで見やすく100均収納

100均のドキュメントファイルは、半透明ケースで見やすく、軽くて持ち運びも楽な点で魅力的です。
タグが付いていることで、それぞれ項目別に独立した仕切りがされているので、混合することがありません。
前もって生活費を仕分けておくことで、予備費用を遊びや貯金に回すことが出来るでしょう。
1冊に全てまとめることが可能な為、本棚でも無駄なスペースが必要ありません。
見たい時に開いて全般の項目を除くことが出来る点でも、これから家計簿を付けたい人にとってもお勧めです。
ファイルサイズも色々あるので、使い勝手の良いサイズを選んでみてください。

整理収納整理収納