かさばるデニムを綺麗に100均収納

かさばるデニムを綺麗に100均収納

書類トレイで100均収納

分厚いデニムは、厚みが出る為、どうしてもかさばりやすくなります。
又、重ねると下のデニムを取り出すのが面倒です。
そういった時は100均の書類トレイを利用しましょう。
書類トレイにデニムを一枚畳んで入れて、その上に新たな書類トレイを重ねていきます。
高さがあるのでデニムを入れる空間が出来て、どのデニムがどこに入っているのか分かりやすいので便利です。
下にあるデニムも手を入れるだけですっと取り出せる為、今日の洋服選びに迷うこともありません。
収納の基本は、どこに何があるのか、そしてすぐに取り出せるかどうかがポイントなので、重ねる書類トレイを有効的に活用しましょう。

S字フックでシワにしない100均収納

デニム類は畳んでしまうとどうしてもシワが出来やすくなります。
特にデニムパンツが好きな人にとって、一枚一枚に愛着のあるものですから、出来るだけシワにはしたくありません。
そこで、思い切って吊るす収納を試みましょう。
クロゼットのポール部分にかけるスペースを作れば、そこに100均のS字フックをかけるだけで準備完了です。
後は、S字フックのもう片方に、ベルトを通す部分をかけるだけで、シワになることなく、吊るすことが出来ます。
こうすることで、すぐに履きたいデニムを取り出すことが出来る為、見せる、分かりやすい理想の収納法と言えるでしょう。

大好きだから見せる100均収納

デニムをこよなく愛する人にとって、見せる収納はお勧めです。
そこで壁にねじ込んだフックにデニムを引っ掛けるディスプレイは、有効的です。
バック壁の色がホワイトである場合、お店のインテリアとしての要素があり、とてもお洒落に演出が出来ます。
朝、使う際にすぐに選ぶことが可能で、使用した後もかけるだけと言う手軽さは、男女問わず人気があるからです。
大事なアイテムだからこそ、タンスやクロゼットに入れるのではなく、あえて外に出すことで、より一層愛着が沸いてくるでしょう。
あまり時間が無い人のデニム収納としてお勧めです。

ワイヤーネットで狭スペース100均収納

クロゼットやタンスを置くスペースが無い場合等、自作棚が必要になってきます。
そこで手軽に狭スペースを活用出来るのが、ワイヤーネット棚です。
好きな箇所に棚を作り、結束バンドで固定するだけなので、不器用な方でも簡単に作ることが出来るでしょう。
白ワイヤーネットは清潔感があり、広い空間を演出可能な為、狭いスペースを上手くカモフラージュされます。
デニムを畳んで何本か重ねることになりますが、棚がネット状になっているので、どの角度から見ても一目で分かりやすく、取り出しやすくなります。
もう少し取り出しやすくする為に、100均の書類ケースを使用して1つ1つのデニムを仕切る方法も採用すると、より利便性が高くなります。

すのこで棚100均収納

大事なデニムは、隠すのではなく、見せる収納が理想です。
そこで、100均のすのこを使って棚を作ります。
ホワイトカラーに塗ると、清潔感があり、又、お店のディスプレイのようにデニムが映えた演出が可能です。
デニムの数に応じて棚の大きさも広く作り、そこに収納していきます。
見せる収納は、人に見られている意識が保たれる為、常に綺麗にする習慣を身に着けることが出来ます。
大事なデニムなので、少しでも綺麗な状態で長く保存が可能なように、部屋の目立つ箇所に置くと良いでしょう。

整理収納整理収納