収納術・片付け術最近の投稿

More

鍋蓋を綺麗にディスプレイOKな100均収納

鍋蓋を綺麗にディスプレイOKな100均収納

シンク下の棚にワイヤーネットで100均収納

シンク下の棚裏は意外とデットスペースになっているものです。
そこで、この場所を利用して、100均のワイヤーネットを利用しましょう。
扉裏にワイヤーネットを固定して、ワイヤータイプのブックスタンドを固定します。
その間に鍋蓋を挟んで、隠す収納が可能です。
普段は扉を閉めることで見せない収納が実現できる為、とてもすっきり綺麗になります。
シンク下は意外とデットスペースになっているので、この空間を上手く利用しましょう。

ディッシュスタンドで立てる100均収納

100均のディッシュスタンドは皿を立てる収納に適していますが、鍋蓋を立てるにも適しています。
使い方はとても簡単で、ディッシュスタンドを2個、鍋サイズに合わせて左右に並べます。
ディッシュスタンドの棒に合わせて鍋蓋を立てかけます。
これで鍋蓋収納が完成します。
立てることで、一つ一つの鍋蓋が分かりやすく、取り出しやすくなる特徴を持っています。
ホワイトカラーで塗ると、収納スペース空間を邪魔することなく、清潔で広く見せることが出来るでしょう。

つっぱり棒とワイヤーネットで見せる100均収納

つっぱり棒とワイヤーネットは相性の良い収納アイテムの組み合わせです。
キッチンのレンジフードの下の壁空間を上手く利用することで、鍋蓋置き場を確保出来ます。
左右につっぱり棒を固定して、その間にワイヤーネットを挟んで、結束バンドで固定するだけで完成です。
後は、フックを好きな箇所に付けるだけで、鍋蓋収納スペースが完成します。
料理の際にすぐに使うことが出来る点でも、優秀な収納術でしょう。
同様に、フライ返しやしゃもじ等も掛けておくことで、見やすく、取り出しやすい収納を目指せます。

ファイルボックスで縦置き100均収納

100均のファイルボックスを使って、鍋蓋を立てた状態で収納することが出来ます。
引き出し収納の場合、仕切りが無いと整理がしづらく、見た目もあまり綺麗ではありません。
そこで、高さのあるファイルボックスで仕切りを作り、鍋蓋を立てて収納します。
立てることで、一つ一つの鍋蓋が分かりやすく、取り出しやすい仕組みになっています。
横に置いて重ねてしまうと、どうしても下の鍋蓋が放置されてしまいがちですが、これならば、全ての蓋が見える状態なので、使いたい時にすぐに取り出せます。
ホワイトカラーで統一することで、清潔感もあり、すっきり綺麗に整理が出来ます。

つっぱり棒で空間を上手く利用した100均収納

収納スペースは意外と無駄な場所が多く、上手く使わないと損です。
そこで、100均のつっぱり棒を使って、空間を上手に使う収納術があります。
上部につっぱり棒を固定して、そこにS字フックを引っ掛けます。
鍋蓋を掛けることで、空間を上手く使った収納が完成します。
これで置くスペースが無くても、引っ掛けることで、場所を無駄にせずに整理することが出来ます。
鍋蓋だけでなく、フライパンや鍋等も一緒に掛けることが可能なので便利です。

コの字ラックで横置き100均収納

100均のコの字ラックは、種類の違う皿を仕切るのに便利なアイテムです。
このコの字ラックを使って、鍋蓋収納が簡単に出来るのです。
コの字ラックを上に積んで、その間に鍋蓋を置くだけで完了です。
仕切りがあることで外から見やすく、取り出しやすい特徴を持っています。
その為、数が多い鍋蓋がある場合、この方法はとても重宝するでしょう。
鍋蓋よりも大き目サイズのコの字ラックを選ぶことで、出し入れしやすくなります。

整理収納整理収納