収納術・片付け術最近の投稿

More

毎日使うハンカチを見やすく綺麗に100均収納

毎日使うハンカチを見やすく綺麗に100均収納

ディッシュスタンドで立てる100均収納

100均のディッシュスタンドは皿以外にもハンカチを立てる収納がお勧めです。
使うのは100均のディッシュスタンド2個で、左右に置いて、ディッシュスタンドの棒に立てかけるように収納します。
立てることで見やすく、取り出しやすくなる特徴を持っています。
横にして積み上げるスタイルは、どうしても下のハンカチを使う機会を失ってしまいます。
ボックス収納は、置く空間を使ってしまうので、どうしても狭さを感じますが、この方法は、枠が無いのでとてもすっきりした収納を目指せます。
ちょっとした隙間も上手く利用できるでしょう。

壁にディッシュスタンド固定100均収納

ディッシュスタンドはテーブルや収納棚に入れるスタイルも良いのですが、壁空間を利用した収納術もあります。
壁に2列に100均のディッシュスタンドを固定します。
ハンカチの大きさに合わせて左右のディッシュスタンドの幅を合わせて、壁に取り付けてください。
このディッシュスタンドの棒にハンカチを挟んで、積んでいきます。
ディッシュスタンドの数を増やすことで、ハンカチを収納するスペースも増えるので、壁空間は有効に使えるでしょう。
一目で見やすく、取り出しやすい特徴を持っているので、毎日使うハンカチ収納に最も適しています。

ブックスタンドで挟む100均収納

100均のブックスタンドを使って、ハンカチを立てる収納が出来ます。
タオルは平積みにしてしまう人も多いのですが、一見すると綺麗にまとまった風に見えますが、収納スペースを無駄に取ってしまうと言った欠点もあります。
そこで、立てる収納が望めます。
ブックスタンドは本を立てて収納するように、ハンカチも一つ一つ立てる収納が出来ます。
一つ一つが立つことで、一目で見やすく、その日に使うハンカチをすぐに見つけることが可能です。
見やすく取り出しやすいと言ったメリットを持っているので、ハンカチ収納にも便利なアイテムです。

縦長プラケースで立てる100均収納

ハンカチは毎日使うものなので、立てる収納で、一目で見える、取り出すことが出来ます。
そこで100均の縦長プラケースの出番です。
このプラケースは、ハンカチサイズにぴったりフィットする為、きちんと畳んだハンカチを隙間なく立てて収納が可能です。
外から見てすぐに分かりやすく、取り出しやすい特徴から言っても、すごく重宝します。
レース調のプラケースであれば、見た目もお洒落なので、収納棚やテーブルで剥き出しのままでもインテリアとして演出出来ます。
プラケースは軽いので、移動も楽な点でも便利な収納アイテムと言えるでしょう。

仕切り板で綺麗に100均収納

100均の仕切り板は、ハンカチの収納にも便利なアイテムです。
立てる収納で見やすく、取り出しやすいのですが、その際に仕切り板は欠かせません。
仕切ることで、他のアイテムを収納出来ますし、種類の違うハンカチを仕分けることにも使えます。
仕切り板はサイズも様々なので、ハンカチのサイズや数に応じて自由に使える点でも魅力的です。
引き出し収納があっても、思うような収納が望めない場合は、仕切り板で綺麗に整理してみましょう。
見た目もすっきりして、一目で見やすく、ハンカチが取り出しやすくなります。

つっぱり棒と挟みフックで吊り下げる100均収納

収納スペースは、意外と上部の空間が無駄になっていることもあります。
そこで、100均のつっぱり棒と挟みフックで吊り下げる収納がお勧めです。
作り方は簡単で、デットスペースになっている収納スペースの空間につっぱり棒で固定します。
そこに、挟むタイプのフックを引っ掛けて、ハンカチを挟んで終了です。
吊るすタイプの収納は一つ一つを確認しやすく、取り出しやすい特徴を持っています。
風通しも良いので、清潔感があり、無駄な空間を上手く利用できる収納法と言えるでしょう。

整理収納整理収納