収納術・片付け術最近の投稿

More

使いやすくお洒落に魅せるドライヤー100均収納

使いやすくお洒落に魅せるドライヤー100均収納

つっぱり棒とS字フックで簡単引っ掛け100均収納

100均のつっぱり棒とS字フックで、掛けるだけでドライヤーを収納することが出来ます。
洗面台の下や収納棚のデッドスペースを利用して、つっぱり棒を固定します。
そこにS字フックを引っ掛けて、ドライヤーを掛けます。
ドライヤーの線は巻いてしまうと劣化が進む為、フックに掛けることで長く保管が出来ます。
つっぱり棒による空間利用は、デッドスペースを上手く使うことで、無駄なく隙間収納が可能です。
家族分のドライヤーがあるとかさばる為、こういった空間は積極的に利用しましょう。

棚のデッドスペースを有効利用する吊り100均収納

ドライヤーの収納では、使い勝手が良くて、尚且つ置き場所の雰囲気を乱さないようなスペースを選ぶべきです。
普段使わないデッドスペースを有効利用することで、見た目を失うことなく、狭さを感じない綺麗な収納を目指せます。
そこでお勧めなのが、100均の吊り型ラックです。
棚の淵に引っ掛けて、その下のラック部分に物を置くスペースが作れます。
収納棚が白の場合、ホワイトカラーで統一することで、空間が乱されずに綺麗に魅せることが出来ます。
ただ引っ掛けるだけなので、とても簡単に出来る収納アイテムです。

プラカゴで仕切る100均収納

引き出しスペースがある場合、仕切りを付けることで見た目が綺麗で分かりやすく収納することが出来ます。
この仕切りを100均のプラカゴで作ると、はっきり分かりやすい境目が出来て、ドライヤーもすっきり収納可能です。
家族に合わせて何台かある場合は、1つのカゴに上に乗せないようにします。
ドライヤーの劣化も進むので、1カゴに1台を心がけると良いでしょう。
引き出し内のカゴの色は統一するとお洒落で、見た目も綺麗で、狭さを感じないスペースになります。
引き出しでの仕切り収納は、上から一目で全てのアイテムを見やすくする為に便利なテクニックです。

扉裏にファイルケースで100均収納

ドライヤーは、髪を洗った後、すぐに使いたいものです。
そこで、脱衣所に置くのが良いのですが、出来るだけ見せずに隠す収納が綺麗に収納するテクニックです。
そこで普段使わないスペースを有効利用することに努めましょう。
収納棚の扉裏に、100均のファイルケースを取り付けます。
その間にドライヤーやブラシを入れると、普段は隠れる収納になります。
なかなか収納スペースが無いと悩んでいる人は、収納棚の扉裏を利用してみましょう。

タオルハンガーにS字フックで簡単引っ掛け100均収納

脱衣所にタオルハンガーがある場合、この空間をドライヤー収納に利用してみましょう。
タオルを掛けるポール部分に、100均のS字フックをかけるだけなので、とても楽な収納術となります。
タオルハンガーは割と大き目サイズに作られているので、タオルをかけても端の部分は空いていることがあります。
その為、この空間を有効利用してドライヤーを掛けてください。
ドライヤーには引っ掛ける部分が付いているので、S字フックとの相性はとても良いのです。
少しの隙間も無駄にせずに、利用してみてください。

コの字ラックとレースプラケースで100均収納

ドライヤーは脱衣所で使う機会が多い為、洗面台の下のスペースを収納場所として利用すると良いでしょう。
上手くこの空間を利用するには、100均のコの字ラックとレース柄プラケースを組み合わせた収納です。
使い方はとても簡単で、コの字ラックを棚としてその間にレースプラケースを入れるだけで、引き出し収納が完成します。
ホワイトカラーで統一することで、レース調のお洒落なボックスがより惹き立ち、中のドライヤーを隠すことが出来る収納が目指せます。
ドライヤーだけでなく、お風呂洗剤やシャンプー・リンス等のストックを入れて置くスペースとしても重宝します。
全てを同じレース柄プラケースで統一することで、インテリアとして魅力ある収納が実現出来ます。

整理収納整理収納