お洒落に見せるエプロン100均収納

お洒落に見せるエプロン100均収納

巾着袋に100均収納

主婦にとって、料理の際にエプロンは必需品です。
とは言っても置き場所に困っている人も多く、その際に便利なのが100均アイテムです。
100均の巾着袋が収納場所としてマッチするからです。
エプロンを畳んで、その中に入れるだけで、完了です。
お洒落なデザインのエプロンを選ぶことで、後は、フックに引っ掛けるだけです。
エプロンと分からず、インテリアの一つとして重宝します。
エプロンが汚れた場合、巾着ごと洗うことが出来るので、清潔に保つことが出来ます。

フックで見せる100均収納

エプロンの収納は、場所を取らない壁空間が理想です。
そこで、100均のフックはとても重宝します。
数個がセットになっているフックは、壁に固定することで、後はエプロンを引っ掛けるだけです。
お気に入りの素敵なデザインのエプロンは、柄が上手く表に来るように引っ掛けることで、よりインテリアとして綺麗に魅せることが出来ます。
エプロンだけでなく、子供の運動着やランドセル等も掛けることが出来る為、上手く壁空間を利用が可能です。
掛ける場所が固定されることで、その場所に引っ掛ける習慣が生まれ、物が乱雑になることが少なくなるでしょう。

カフェ風に100均収納

食事の際に使うカフェエプロンは、見せる収納がお勧めです。
そこで、100均のキッチンタオルハンガーとクリップで、広げて干す感覚がお洒落です。
ただ干すだけで、まるでカーテンのような演出となる為、見るだけで癒されます。
元々デザインがお洒落なカフェエプロンなので、隠して収納するよりも、見せるように収納する方がお洒落です。
特にチェック柄は人気で、季節に応じてカラーバリエーションを変えることで、シーズンごとのインテリアとしての要素を発揮するでしょう。
平たく干す収納は通気性も良く、清潔感を保つことが出来ます。

マグネットで100均収納

エプロンの収納場所がなかなか見つからない場合は、冷蔵庫の横のスペースを利用します。
100均のフック型マグネットは、磁石が強いタイプは、エプロンの掛け外しで取れることがありません。
冷蔵庫のサイドを使うので、デットスペースになり、邪魔にならないので重宝します。
冷蔵庫に隠れることで、キッチンスペースがすっきり演出が可能です。
畳む収納よりも、空気に触れる箇所が多い分、通気性も高く、清潔感を保てる収納法です。
利用したい時にすぐに脱着が出来る点でも、マグネット収納は画期的でしょう。

ハンガーで引っ掛け100均収納

エプロンの形が崩れないように収納するには、100均ハンガーがお勧めです。
肩の部分をかけるだけで、後はフックに引っ掛ければ終了です。
直接フックにかける方法もありますが、どうしても形が崩れやすく、見た目もお洒落ではありません。
白い壁に合わせて、ホワイトカラーのハンガーで揃えることで、目立ちにくく、お店のディスプレイのような演出が可能です。
特にお気に入りのエプロンは、人に見せたい為、ハンガーでのディスプレイはまさに理想的です。
急な来客の際にも、隠すことなく、インテリアとしての要素を持った収納で慌てることがありません。
使う際にすぐに取り出して、又、終わった後はそのまま引っ掛けるだけなので、特にテクニックも要りません。
ハンガーをいくつか用意することで、お気に入りのエプロンコレクションが出来て、その日の気分で使い分けることが出来ます。

整理収納整理収納