収納術・片付け術最近の投稿

More

子供のランドセル100均収納

子供のランドセル100均収納

すのこで通気性抜群100均収納

ランドセルは6年間使うものなので、出来るだけ状態が良い状態で保管したいものです。
そこで、100均のすのこを使って、箱型を作りましょう。
すのこは間が空いている為、通気性も良く、防カビ・防虫効果が期待できます。
クロゼット等の収納場所が白壁の場合、ホワイトカラーで塗るとよりお洒落でインテリアとしての要素が望めます。
床置きも可能ですが、カラーボックスや棚に入れることで、よりすっきり綺麗に整理が出来ます。
学校から帰ってきてそのまま置き去りにされがちなランドセルも、子供が率先して収納してくれるでしょう。

網目カゴで軽い100均収納

100均の網目カゴは、見た目もすっきりで通気性も良い為、ランドセル収納にぴったりです。
ホワイトカラーを選ぶと、爽やかな印象のカゴになる為、子供も率先して収納スペースに片付けてくれます。
とても軽いので、持ち運びが可能であり、床収納から棚収納まで対応します。
又、少しゆとりのあるサイズを選ぶことで、ランドセルだけでなく、その他の小物類が入った100均の小さいカゴも入れることが出来ます。
これでリビングに放置されてしまいがちのランドセルも、子供が自ら収納するでしょう。
カラーバリエーションを選べるので、部屋の雰囲気に合う色を選ぶのもポイントです。

デザインペーパーボックスで100均収納

100均アイテムと言っても、素敵なデザインのペーパーボックスがあります。
ランドセルがすっぽり入る大きさのタイプもありますので、利用してみると良いでしょう。
エッフェル塔柄のデザインは、見るだけでアンティークな感じが、大人にも喜ばれています。
シャービーシックなフレンチインテリアによく合う為、趣味でこういったインテリア思考にしている方にぴったりです。
勿論、子供でも英字デザインに興味を持ち、語学の勉強に役立つかもしれません。
子供の成長とともにデザインを変える必要も無く、長く愛用できる点でも魅力的です。

固定フックで100均収納

ランドセル収納に一般的なのが、壁に固定するタイプです。
100均アイテムには何個かフックが付いているものもあり、ランドセルの他にも帽子やレインコート等をかけられます。
ただし、ランドセルは意外と重い為、強度については徹底的に考えた上で取り付けてください。
直接壁に穴を開けたくない場合は、つっぱり棒とワイヤーネットでフックを引っ掛けるように作りましょう。
白い壁であれば、つっぱり棒・ワイヤーネットともにホワイトカラーで統一することで、壁と同調されて、目立たずに広い空間演出が可能です。
子供が何人かいる家庭では、いくつものランドセル収納に困ってしまいます。
フックに引っ掛けるランドセル収納は、狭い部屋でも問題なく整理が可能なので、お勧めです。

移動が出来る100均収納

取手が付いた100均の布製ストレージボックスは、子供の物を入れておくのに便利なアイテムです。
大き目サイズで、ランドセルは勿論のこと、帽子や体操着袋等も入れて置ける為、忘れ物防止に役立ちます。
取手が付いていることで、移動の際もそのまま持ち運びがしやすく、学校に行く際にはリビングに持って置き、帰ってきたらランドセル等を入れて、部屋に持っていく習慣を付けると良いでしょう。
ホワイトカラーを選ぶと、白い壁との統一が増し、狭い部屋空間も窮屈な印象を与えることがありません。
収納する場所をしっかり確保することで、子供も率先して収納をする習慣が身に付くようになります。
大き目サイズを選ぶことが、一つの場所にすっきり整理が出来て、便利です。

整理収納整理収納