取り出しやすい味噌100均収納

取り出しやすい味噌100均収納

取手付きで取り出しやすい100均収納

味噌は袋に入れておくと、切口から味噌が出てしまい、放置すると乾燥して固まります。
そこで、100均の味噌専用ケースがお勧めです。
味噌が1袋分しっかりと入るサイズで、取手が付いている為、引き出すことが出来ます。
10分の2程度が開くプラスチック蓋もあり、わざわざ外す必要も無く、お味噌が取り出しやすくなります。
ホワイトカラーを選ぶことで、清潔感があり、狭い空間も窮屈に感じません。
又、白色は汚れも目立ちやすいので、こまめに洗うことが出来る為、より清潔な状態でお味噌を保存出来るでしょう。

ジッパー袋で見せる100均収納

ジッパー付きの袋は、透明なので、中身が見える特徴を持っています。
味噌を入れる為のタッパー収納として、中身が見えるのは、残量が分かりやすくメリットと言えるでしょう。
又、空気に触れることで乾燥しやすい味噌も、ジッパーによって防ぐことが出来ます。
ラベリングをすると、一目で分かりやすくて便利でしょう。
そのままの状態で立てる収納も可能ですが、新たにプラケースに入れることでより整理されて綺麗にまとまります。
引き出しタイプのケースに入れることで、取り出しやすく、ジッパー袋でいつでも新鮮な味噌を食べることが出来るでしょう。

プラケースでたっぷり100均収納

100均のプラケースは半透明で、味噌の残量が分かりやすく、ストックを切らすことがありません。
ラベリングをすることで、冷蔵庫に入れても、すぐに味噌ストックと分かります。
プラケースのサイズは色々ある為、冷蔵庫や味噌サイズによって選ぶと綺麗に収納出来ます。
又、セットで100均のミニ泡だて器を購入すると、味噌を溶かす際に便利です。
ケースの中に入れて置くことで、必要な時にすぐに味噌を使うことが出来るでしょう。
毎日お味噌汁を作る家庭は、是非セットで購入することをお勧めします。

ホーローポットで100均収納

味噌を保存するのに便利なのがホーローポットですが、100均ショップでも販売しています。
持ち手が付いている為、運びやすい特徴とともに、コスパ力に優れています。
発酵食品である味噌はホーローでの保存が適しているので、味噌ケースを探している場合は、100均のホーローケースを探してみましょう。
味噌袋から取り出して直接入れることも可能ですが、袋のまま入れて使うことも出来ます。
プラスチック蓋はしっかりと密封され、酸化予防にもなる為、新鮮な味噌を長期間保存可能です。
ホワイトカラーを選ぶと、清潔感があり、見た目もすっきりして空間を汚しません。

粘土ケースで小分け100均収納

100均の粘土ケースは様々な小物類の収納に適しています。
味噌の収納にもこの粘土ケースが使えます。
味噌袋1つに対して、粘土ケースは容量が小さい為、小分けして使うと便利です。
容量の少ない味噌を何種類か購入して、調理の際に合わせ味噌とする場合に適しています。
ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、空間が調和されて冷蔵庫が狭く感じません。
ラベリングをすることで、味噌の種類をすぐに見分けることが出来ます。

ガラス瓶で見せる小分け100均収納

100均のガラス瓶は見た目もお洒落で、少量の物を入れるのに適しています。
味噌をこのガラス瓶に入れて小分けすることで、お洒落で可愛い味噌ボックスになります。
小分けするメリットは、味噌一袋分を一つにまとめてしまうと、開ける度に酸化が進みます。
その為、小分けにすることで空気に触れる量が減り、早めに使い切ることが出来るからです。
ガラス瓶にラベリングをすることで一目で分かりやすく、番号や賞味期限等の記載をしておくと無駄なく味噌を使えます。
ガラス瓶を使った小分け収納は、味噌の他にも応用可能なので、覚えておくと便利です。

整理収納整理収納