溜まるプリント類をすっきり100均収納

溜まるプリント類をすっきり100均収納

インデックスで見やすい100均収納

子供のお便りプリント等、毎月溜まりやすい紙類は、100均のファイルボックスがお勧めです。
大き目のファイルボックスなので、たっぷり収納が可能です。
間にクラフト紙等を挟み、インデックスを貼ることで見やすく、探しているプリントを簡単に発見することが出来ます。
大量になりがちなプリントも、インデックスで区切ることで、整理しやすく、見やすい特徴を持っています。
同じサイズのファイルボックスで揃えることで、すっきり整理された状態で、調べる意欲も増します。
又、白い本棚であれば、ホワイトカラーのファイルボックスで統一することで、清潔感のある綺麗な空間が出来上がります。
その為、数多くの書類やプリントが溜まっている場合は、100均の同じサイズのファイルボックスをいくつか用意しておきましょう。

ファイルボックスをリメイク100均収納

白で統一したファイルボックスは清潔感があり、綺麗なのですが、それでは物足りない場合もあります。
自分がイメージするカラーのファイルボックスが100均アイテムでは無い場合、自分でリメイクすると良いでしょう。
例えば、100均のリメイクシートを使用します。
木彫のリメイクシートを使用すると、全く違った印象のファイルボックスが出来上がります。
その上にラベリングすることで、何の書類を収納しているのかどうかが一目で分かります。
木彫デザインは、重量感のあるボックスの印象が強くなり、まるで図書館で書類ケースのイメージを与えます。
大事なプリント類だからこそ、落ち着きのある、重要なイメージの深いリメイクシートで演出するのもお洒落です。

クッキングシートで目隠し100均収納

半透明書類ケースは、中身を確認することが出来る上で重宝します。
しかし、出来るだけ見せたくない場合、100均のクッキングシートを使って目隠しすることが出来ます。
100均のクッキングシートには、英文プリントのお洒落なデザインのものもあり、それを使うことで隠すお洒落な書類ケースが出来上がります。
中身を見せずに、お洒落に演出が出来る収納こそが、整理とインテリアとしての要素を発揮する為、お洒落なデザインのクッキングペーパーは利用可能です。
外側から目隠しをしたい場合は、100均の英字プリントのカッティングシートを使うのも良いでしょう。
どちらの場合でも注意すべき点は、一つのデザイン・色に統一することで、バランスの取れた綺麗な収納が望めます。

プラケースで立てて100均収納

あえて書類やプリント類を見せることで、分かりやすく、すぐに手に取ることが出来る収納法があります。
100均のプラケースを利用します。
同じ色とサイズのプラケースを使い、種類別にトップにラベリングします。
そこに立てた状態でプリント類を入れるだけです。
すぐに確認すべき書類はまとめて同じケースに入れることで、その日にすぐにチェックをすることが出来ます。
仕分けされたケースに入れることで、整理しやすく、又、見やすいことで必要な書類を即処理可能な点でも魅力的です。

クリアファイルトレーで100均収納

大量のプリントや書類は、仕分けすることで、一目で分かりやすく、取り出しやすくなります。
そこで大活躍するのが、100均のクリアファイルトレーです。
半透明の為、中身が半隠しになるので、中が見やすく、隠す作用もあります。
太目のボックスケースで、乱雑になりがちな大量の書類も、ラベリングすることですっきり納まります。
ファイルケースの中にもインデックスを付けることで、より詳細に仕分けることが可能です。
同じサイズのファイルトレーを使うことで、綺麗に整理出来ます。

整理収納整理収納