一目で分かる冷凍室100均収納

一目で分かる冷凍室100均収納

つっぱり棒で仕切り立て100均収納

冷凍室は冷凍された食品で、乱雑になりがちです。
何が入っているのか分かるように、冷凍する前はタッパーに入れて、ラベリングをすることが推奨されます。
その際に立てて収納することで、より分かりやすく、一目で必要な食材を取り出しやすくなります。
そこでお勧めなのが、つっぱり棒です。
100均の仕切り板でも良いですが、しっかり固定されるつっぱり棒は重宝します。
つっぱり棒で仕切ることで、冷凍食品の転倒を防ぎ、上から一目で見やすい収納が実現可能です。

ブックエンドで見やすく100均収納

冷蔵庫・冷凍庫収納の基本は、いかに見やすいか、取り出しやすいかがポイントになります。
特に冷凍庫内の食品は、横に置いてしまうことで分かりにくく、探しにくい要素が高まる為、立てる収納に専念すべきです。
100均のブックエンドは、仕切りとしての要素が高く、均等に置くことで綺麗に収納出来るでしょう。
ブックエンドの他に仕切り板も重宝します。
仕切り板の場合、好きな箇所で折り切ることが出来る為、自由なスペースの仕切り空間が可能です。
ブックエンドも仕切り板も使用する際には、ホワイトカラーを使うことで、清潔感のある綺麗な収納を目指せます。

保冷剤もまとめて100均収納

野外バーベキュー等で食材を運ぶ際に使う保冷剤を冷凍庫に入れておくこともあるでしょう。
数が多い場合、一つにまとめておく収納がお勧めです。
そこで、100均のプラボックスの中に保冷剤を入れます。
1つにまとめることで綺麗に整理されて、ホワイトカラーボックスを選ぶことで清潔感が出ます。
同様にアイス類も同じ色のケースにまとめて入れることで、上から見やすくて取り出しやすくなります。
棒アイスは小さい縦長ケースに立てた状態で入れると、子供でも取りやすく、見た目も綺麗に演出可能です。

冷食用ケースでお弁当100均収納

毎日のお弁当に冷凍食品を利用している家庭も多いでしょう。
様々な種類をストックしている場合、見やすい冷凍食品の整理は欠かせません。
100均アイテムでは、冷食用ケースが販売されている為、こちらを利用します。
この時、ケースに立てて入れることで、上から見やすく、取り出しやすくなります。
それでも分かりづらい場合は、トップにラベリングしておくと無駄なく使い切ることが出来ます。
上に積む方法よりも、収納容量は増える為、冷凍食品が多い家庭ではこの方法が推奨されます。

ジッパー付きポリ袋で100均収納

ジッパーが付いたポリ袋は、冷凍庫でも活躍します。
様々な形の市販の冷凍食品は、一度パッケージから出して100均の冷凍用ポリ袋に入れ替えます。
そうすることで全ての形が整い、綺麗ですっきり収納出来るからです。
ジッパーが付いていることで密閉が可能であり、何が入っているのか一目で分かるように、マジック等で記入が出来る箇所があります。
この部分に記入して、立てた状態で収納すると、今日使う食品を見つけやすく、忘れ去られることもありません。
冷凍庫にはポリ袋と立て収納が欠かせません。

タッパーで定位置に100均収納

同じサイズの100均のタッパーは、冷凍庫でも必要不可欠なアイテムです。
例えば買ってきた肉を種類別にタッパーに入れて蓋をします。
立てた状態でトップにラベリングをすると、上から一目で使いたい食材を探すことが出来ます。
取り出してそのまま電子レンジで解凍可能な為、手を汚すことなく便利です。
この時、1回で使う分量を保冷ポリ袋で小分けしておくと、使いたい分だけ解凍出来ます。
定位置を決めて常にその場所に収納すると、こまめな掃除も必要なく、綺麗に整理されます。

整理収納整理収納