収納術・片付け術最近の投稿

More

見やすく新鮮に使い切る野菜室100均収納

見やすく新鮮に使い切る野菜室100均収納

タッパーで仕切れる100均収納

広めの野菜室はたっぷり収納出来るものの、奥に入った野菜はいつしか忘れられてしまう可能性があります。
その為、仕切りが必要ですが、100均のタッパーが最適です。
プチトマト等小さい野菜は小さめのタッパーに、大根等大きな野菜は大き目のタッパーに入れて保管します。
蓋を閉めることでその上に別のタッパーを重ねることが出来る為、最大限の収納が実現可能です。
又、中に何が入っているのか一目で分かるように、タッパーの蓋にラベリングをしておくと良いでしょう。
この収納方法のメリットは、野菜室の底を汚すことが無い為、掃除が楽に出来る点です。
野菜室の収納庫の掃除は大変なので、数か月に一度、簡単に拭くだけで済むように、タッパー収納は理想的と言えます。

ファイルボックスで立て100均収納

野菜室の収納にファイルボックスも重宝します。
100均のファイルボックスを並べて野菜室に入れることで、野菜を立てて収納可能です。
特に根菜類は縦置きにすると新鮮な状態で保存が出来ます。
その為、ファイルボックス収納はまさに画期的な方法の為、率先して使用することが推奨します。
ホワイトカラーのデザインファイルケースはお洒落で清潔感があるので、何個か用意しておくと良いでしょう。
立てて置くことで、上から見ても分かりやすく、野菜が傷む前に使い切ることが出来るので便利な収納法です。

細長トレイで卵もすっきり100均収納

100均の細長トレイは卵を入れるのに適しています。
卵は夏場は傷みやすい為、広めの野菜室で保存するのが良いでしょう。
そこで割れないように保管する為に、トレイは重宝します。
溝が無い状態では卵が移動してしまうので、卵パックの下のみをそのまま使用します。
蓋部分はカットしてしまうことで、上から見やすく、

書類ケースで長持ち100均収納

ネギ等の長めの野菜は、書類ケースに入れて野菜室に保管するのが適しています。
半透明ケースの為、中身が外側から確認できるので、見過ごさず、新鮮な状態で使い切ることが出来るでしょう。
密閉することでカピカピにならず、野菜の乾燥を予防することが出来ます。
野菜の汁で汚れた場合も、そのまま洗剤で洗うことが可能なので、野菜室を汚すこともありません。
書類ケースの収納は、出来るだけ立てておくことが理想です。
なぜなら、野菜は立てることで栽培されている自然の状態に近づけるからです。
その為、野菜室の中で、野菜を入れた書類ケースを立てた収納で保管するようにしてください。

大きな野菜はバスケット100均収納

野菜室の中でも大き目の野菜類の収納は、意外と難しいものです。
そこで、100均の柔らか素材のバスケットがお勧めです。
大き目のキャベツやダイコン、レタス等を収納する為に優れたアイテムです。
柔らかい為、野菜室の中で形を変えながら、限られたスペースにしっかり収納出来ます。
これでかさばる野菜も綺麗に整理が可能でしょう。
ホワイトカラーで統一すると、清潔感があり、見た目も綺麗です。

紙袋で見える100均収納

紙袋は通気が良く、呼吸が出来る為、野菜の収納に適しています。
そこで、100均のクラフト袋を利用してみましょう。
同じサイズやカラーで統一すると、綺麗な野菜室を演出可能です。
袋の口を開けておくことで、上から一目で全ての野菜を確認することが出来ます。
又、口を止めておきたい野菜も、クリップで留めて、ラベリングをすることで、何の野菜かが分かりやすくなります。
袋は変形しやすい為、色々な形の野菜に対応可能です。

整理収納整理収納