街角で貰ったポケットティッシュ100均収納

街角で貰ったポケットティッシュ100均収納

6個一度に100均収納

街角で貰う宣伝用のポケットティッシュは、鞄に入るサイズの為、いざと言う時便利なアイテムです。
しかし、毎回貰うと溜まってしまうこともあるでしょう。
個数が多くなればなるほど、収納が難しくなるものです。
そこで、100均アイテムの中には一度にポケットティッシュを収納出来る、便利な専用ボックスがあります。
プラスチック素材で、中に6個のポケットティッシュを入れることが可能です。
コンパクトサイズなので場所を取らず、綺麗にひとまとめ出来る為、溜まってしまったポケットティッシュで困った場合、このプラケースを利用してみましょう。

クリアタイプで残量が見える100均収納

溜まってしまったポケットティッシュは、100均専用ケースがお勧めですが、より使い勝手が良くする為に、クリアタイプを選びましょう。
ポケットティッシュのパッケージを全て取り除いて、そのままボックスに入れるだけで、専用ボックスが完成します。
全てがクリアで透明な為、どの角度から見ても、残りのティッシュの残量が一目で分かり、補充するきっかけを失いません。
ティッシュは普段の生活で欠かせないアイテムですが、意外にも貰ったポケットティッシュは使いづらく、山積みにされている家庭も多いようです。
効率的に使う為に、専用クリアボックスで、普段よく使う場所に置いておくと、気が付いた頃には全て使い切っているでしょう。
メイクをする際に重宝しますので、ドレッサーの収納棚に入れておくと良いでしょう。

リメイクでインテリア100均収納

100均のクリアプラスチックティッシュボックスでは、無機質な印象があります。
そこで、100均アイテムを使ってリメイク収納します。
使用するのは100均の転写シール、ペーパーナプキン、マスキングテープです。
自分の好きなデザインに仕上げることが出来る為、便利なアイテムです。
又、アクリル絵の具を直接塗って、落ち着いた雰囲気のあるティッシュボックスも出来ます。
レースシールを使用すると、エレガントな印象のあるケースが完成します。

木箱リメイクで100均収納

ポケットティッシュを剥き出しのまま放置してしまうと、見た目的にもあまり良いものではありません。
そこで100均木箱を使ったリメイクテッシュ収納がお勧めです。
100均の木箱とフォトフレーム、ブラックペーパー、英字シールを用意します。
好みの英字が見つからない場合、ショッピング紙バッグや雑誌から切り抜いても構いません。
ダークブラウンニスを木箱とフォトフレームに塗り、二つを蝶番で繋げます。
フォトフレームの蓋にブラックペーパーを入れて、上に英字でデコレーションします。
シンプルですが、アンティークな印象深いポケットティシュ入れが完成します。
何個かまとめて収納出来る為、溜まったティッシュを整理することが可能です。

木箱の洋書風ケースで100均収納

数多くあるポケットティッシュを一つにまとめることで、すっきり収納が可能です。
100均の木箱と板を使って、手作りティッシュボックスを作ることが出来ますが、そのままでは味気ないものです。
そこで、ペイントを加えることで、よりお洒落なイメージのディスプレイが望めます。
茶色と白で色分けして、まるで3冊の本が存在しているようなデザイン性にします。
木棒とクラフト紙・転写シールを使うことで、よりリアリティのある本が出来上がります。
蓋の真ん中にティッシュを引き出す穴を開けることで、アンティークな洋書風ケースが完成します。

整理収納整理収納