野菜保管に便利な100均収納

野菜保管に便利な100均収納

ストッカーで取り出しやすい100均収納

棚はあっても野菜等を綺麗に収納するのが出来ない場合、100均のネットカゴは便利です。
その中に新聞紙を入れて、じゃがいもや玉ねぎ等を剥き出しのまま入れます。
英字新聞があれば、よりモダンな印象があり、お洒落に演出可能です。
野菜はどうしても傷みやすい為、出来るだけ通気性のある収納が尊重されますが、ネットなのでこの点では抜群の機能を発揮します。
又、収納棚やスペースが限られている場合、100均のすのこを使って棚を作ってみると良いでしょう。
すのこを囲って出来た棚に、木の棒等でネットカゴを引っ掛けられるようにすると、何段かある野菜ストッカーとして重宝します。

プラカゴコンテナで100均収納

100均のプラカゴコンテナは、野菜を入れておく為にとても便利な収納庫です。
通気性も良く、ジャガイモやニンジン等の根菜類の保管に適しています。
又、プラカゴコンテナは上に重ねることが出来る為、置くスペースが限られていても、安心して使うことが出来ます。
使わない時は折りたたむことも可能なので、無駄にスペースにならず、必要な時に広げて使用可能と言う点で、とても重宝されるのです。
壁が白であれば、ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、広い空間を演出出来ます。
大容量の野菜ラックが必要と思っている方は、通気性のあるコンテナは1つは用意しておくと良いでしょう。

ワイヤーバスケットで100均収納

バナナやリンゴ等の果物類は、意外と置き場所に困るものです。
そこで、100均のワイヤーバスケットを使ってみましょう。
ホワイトカラーは清潔感があるので、直接果物を置いても嫌な気分になりません。
カゴの底にワックスペーパーを敷くことで、果物の水分や汚れが直接付くこともありません。
果物だけでなく、その他の野菜も入れることが出来るので、通気性が悪い保管をしている場合は、このワイヤーバスケットを利用してみましょう。
取手が付いたバスケットは、移動の際にも便利です。

紙袋でざっくり男前100均収納

きちんと整理するのではなく、ざっくりと男前に収納するのが今流行っています。
100均のシンプルデザインの大き目紙袋に、ジャガイモ等を入れて保存します。
又、100均のクラフト紙袋に野菜別に入れると、仕分けが出来て便利です。
仕分けされた小さいクラフト紙袋を、大きな紙袋に入れると、それぞれ仕分けが出来ます。
同じクラフト紙袋になるので、それぞれ野菜のネーミングを書いておくと、より分かりやすくなります。
紙袋の端を折って、100均の木製洗濯バサミで挟むと、お洒落に演出出来ます。

麻袋でカントリー調100均収納

表にディスプレイする形の収納は、出来るだけお洒落に演出します。
100均の麻袋は、巾着型になっていて、長めの紐を固定された壁フックに引っ掛けるだけです。
麻は通気性が良いので、野菜の保存には適しています。
特にジャガイモ等の根菜類の保存に適した収納法で、見た目もお洒落で出し入れするのが楽しくなってきます。
白壁にも良いのですが、濃茶ベースカラーの部屋にマッチしており、カントリー調としてのイメージを与えます。
無地の麻袋よりも、やや英字ペイントされているタイプの方が、よりインテリアとして重宝するでしょう。

木箱でストッカー100均収納

木箱を使ったお洒落な野菜ストッカーは、魅力的なアイテムです。
まず100均の木箱と木枠とワイヤー網を用意します。
木枠にワイヤー網を入れて、扉を作ります。
蝶番で木箱と扉を繋げて、野菜ストッカーの出来上がりです。
木箱や扉に色を塗るのも良いですが、元のナチュラルカラーのままの方が、自然の木のぬくもりを実感出来ます。
100均のデザイン取手を付けることで、インテリアとしての要素を兼ねながら、野菜ストッカー機能を発揮します。

整理収納整理収納