収納術・片付け術最近の投稿

More

ストックもすっきりインスタント麺100均収納

ストックもすっきりインスタント麺100均収納

プラケースで立てる100均収納

昼食や、今日は作るのが面倒な時に重宝するのが、インスタントラーメンです。
もしもの時の為にストックしておくのは良いのですが、数が増えてしまうと、かさばるものです。
そこで便利なのが、100均のプラケースです。
編み状になっているので通気性も良く、引き出し収納の仕切りとしての役割があります。
立てて入れることで、上から一目で見ることが出来る点、ストック残量が分かる点と言ったメリットを持っています。
収納スペースに合わせて、プラケースを上手く組合わせることで、ぴったり綺麗に収納出来ます。

紙袋でざっくり100均収納

種類や大きさの違うインスタント麺は、ざっくりと収納する男前さがポイントです。
そこでお勧めなのが、100均の紙袋です。
インスタント麺の数に応じて、袋の大きさを選んでみると良いでしょう。
又、横幅だけでなく、高さのある物は、ビッグサイズのカップ麺も重ねて収納出来る為、便利です。
周囲のカラーと統一する為、白い壁やクロゼット内であれば、白い無地の紙袋がお勧めです。
よりお洒落に演出するには、100均の転写シールでワンポイントを加えると良いでしょう。

ジッパーで密封100均収納

開けてしまったインスタント麺等は、そのまま放置してしまうと、保存状態が良くありません。
そこで、お勧めなのが、100均のジッパー袋です。
ジッパーで留めることで、中が密封されて、長期保存が可能になるからです。
その為、開けてしまったインスタント麺の収納に適しています。
透明袋なので、周りに左右されることなく、調和のとれた、狭さを感じない空間利用が可能です。
スープ袋は別の袋にストックするか、麺と一緒に入れるかは自由です。
何の味の麺なのかが分かるように、ジッパーにラベリングをしておきましょう。

スクエアボックスで隠す100均収納

インスタント麺は手軽に食べることが出来る為、主婦の間では人気です。
しかし、あまり数が多いと人には見られたくないものです。
急な来客の時でも慌てない、隠す収納として便利なのが、100均のスクエアボックスです。
様々な色合いがありますので、収納場所に合わせたカラーで統一すると一体感が生まれます。
又、インスタント麺の数に応じて、ボックスを増やしても、上に積み重ねることが出来る為、問題がありません。
収納スペースが白い場合、白いボックスで統一することで、清潔で広い空間を作ることが可能です。

コンテナで簡単移動100均収納

100均ショップではコンテナもあり、工具等を入れるのに便利です。
しかし、普通の用途とは別の目的で使うことが、出来る主婦の収納術です。
そこで、このコンテナをストック用のインスタント麺入れにします。
数が多い場合にぴったりで、味の種類別に収納が出来ます。
プラスチックで軽い素材の為、持ち運びも楽であり、アウトドアでインスタント麺を食べる際にも重宝します。
同じカラーで統一することで、調和がとれてお洒落なインテリアとしての要素を発揮します。

吊り下げでスペース有効利用100均収納

棚に収納するスペースを思うように空けることが出来ない場合、100均の吊り下げワイヤーラックがお勧めです。
棚の隅に引っ掛けて、その下に収納スペースを確保することが出来る為、高い棚幅の場合の空間利用が可能です。
高さのあるワイヤーラックを選ぶことで、より多くのインスタント麺の収納が出来ます。
ホワイトカラーで統一すると、清潔感があり、狭い印象を与えません。
収納スペースは、意外とデッドスペースがあることも多く、上手く利用することでかさばる麺類もしっかり整理可能です。
これでストック切れの心配も無いでしょう。

整理収納整理収納