安心・安全に包丁100均収納

安心・安全に包丁100均収納

パスタケースで100均収納

包丁の収納場所に困っている人は意外と多いです。
刃物の為、怪我をしないような安全な場所への保管が大事です。
その点を考慮して、100均のパスタケースがお勧めです。
半透明ケースで長細く、丁度包丁が入るスペースにぴったりです。
ケースに入れることで、刃物で切るリスクも減る為、便利なアイテムとなってくれるでしょう。
又、ケースごと移動が出来る為、野外バーベキュー等でも安全に持ち運びが可能です。

端板で見せる男前100均収納

数ある包丁の収納は、分かりやすくすることがポイントです。
そこで、普段から見せる収納を心がけることで、並べる順番等が習慣化されます。
用意する物は、100均の端板です。
キッチン下の収納でよく見かける、包丁入れの容量で、壁に包丁を挟めるスペースを開けて、端板を固定していきます。
その間に包丁を差し込むだけで完了です。
数が多い包丁の収納は、見せることで、順番が定着して取り出しやすくなるでしょう。

すのこと木箱で100均収納

包丁をディスプレイ感覚で収納するのであれば、100均アイテムを推奨します。
100均の木箱とすのこを取り付けるだけなので、簡単にDIY収納が完成します。
すのこの溝は、丁度包丁を挟むのに最適なスペースです。
かさばりやすい何本もの包丁も、1つのスペースにすっぽり収まる為、見た目が綺麗な演出が可能です。
木箱そのままの状態でも良いですが、ホワイトカラーに塗ることで、よりインテリアとしての要素が発揮されます。
包丁収納に困った場合は、低コストで出来るお洒落な包丁収納ケースを作ってみましょう。

木板と竹串で自由100均収納

限られたスペース内に包丁を好きなように収納したいのであれば、100均の木板と竹串がお勧めです。
木板で枠と底を作って縦長の箱を作成します。
その中に100均の竹串を入れるだけで、包丁スペースが完成します。
竹串を中に入れて作ることで、包丁の刺す場所が指定されていない為、空いているスペースへ自由に刺すことが出来ます。
その日の気分で刺す場所を変えることで、毎日違ったディスプレイ感を楽しむことが可能です。
和風テイストの為、キッチン内が和を基調にしている家庭にぴったりです。

ステンレスバーで見せる100均収納

100均のステンレスバーは、見た目がすっきりとするのでお勧めです。
キッチン壁に固定をして、その上に包丁を引っつけるだけの手軽な方法です。
大事にしている包丁は、誰かに見せたいものです。
ステンレスバーの上に引っつけるので、包丁の全面が見れて、無駄な空間がありません。
すぐに取り出せて使える点でも、シンプルながら重宝します。
又、包丁だけでなく、調理ばさみ等も付けることが出来る為、すっきり整理が可能です。

ワイヤーネット・ワイヤーラックで100均収納

壁に固定して、そこに包丁を置きたい場合、100均のワイヤーネットとワイヤーラックがお勧めです。
白いキッチン壁の場合、同色のホワイトカラーで統一すると、目立ちにくく、インテリアとして機能します。
ワイヤーネットを壁に固定して、好きな箇所にワイヤーラックを取り付けましょう。
ワイヤーラックの中に包丁を横置きにします。
通気性も良く、調理の際に使いたい時にすぐに手に取ることが出来る為、利便性が高いのです。
なかなか包丁収納スペースが取れない時は、壁収納を検討してみてください。
フェイク観葉植物等を絡ませると、よりお洒落な演出が可能です。

整理収納整理収納