収納術・片付け術最近の投稿

More

機能性・外観性に優れたラップ100均収納

機能性・外観性に優れたラップ100均収納

マグネット付きで安定100均収納

ラップ類はキッチンの中で使う頻度が高いのに、収納する場所に困っている人は多いです。
そこで、100均のラップ専用ラックを使いましょう。
仕切りがあり、大きさの違うラップやホイルを収納出来ます。
又、後ろにマグネットが付属されている為、冷蔵庫の横等のスペースが活用可能です。
意外とデッドスペースになっている冷蔵庫の横は、ラップ収納として利用すると良いでしょう。
角度によって隠れるスタイルであり、キッチン空間を汚しません。
ホワイトカラーで統一すると目立ちにくく、空間を上手く使うことが出来ます。

リメイクでそのまま100均収納

ラップを置く場所も大事ですが、ラップ自体を上手くカモフラージュして、魅せる演出も大事でしょう。
そこでお勧めなのが、100均のリメイクシールです。
家具調スタイル等、色々なタイプのものがあり、自分の好きなキッチンのイメージに合うスタイルに変身させることが出来ます。
100均のリメイクシールをラップのパッケージに貼るだけなので、誰でも手軽に作ることが可能です。
リメイクシールは水にも強い為、キッチン周りにも十分対応します。
使い終わった際に捨てるのは勿体ない為、ストックラップと交換して再度使うと良いでしょう。

ラベルシールも活用100均収納

リメイクシールでラップを見せる収納テクニックは便利です。
そこにプラスしてラベルシールも付けると、分かりやすく収納が可能です。
同じ種類にラップだけでなく、ホイルやクッキングシート等があるからです。
ホワイト基調のシンプルなリメイクシールにラベルシールを貼ることで、見た目もお洒落ですっきりします。
冷蔵庫の横に固定するラップホルダーとともにホワイトカラーで統一することで、目立ちにくくなるでしょう。
100均のラベルシールには、ラップの一面を貼ることが出来るタイプもあるので、横置きの場合、その面だけを見せる収納が可能です。

A4トレイで100均収納

ラップだけでなくホイルやクッキングペーパー等、数が多い収納はワイドタイプが理想です。
そこで、A4トレイでワイド収納を目指します。
ラップだけでなく、ホイルやクッキングペーパー等も入れることが出来る為、とても便利です。
レース調デザインの収納トレイであれば、魅せる収納も可能です。
トレイに数本等間隔でサイドに穴を開けて、そこにゴムを通します。
トップにもフックを付けて、キッチン壁に固定することでお洒落なラップフォルダーが出来上がります。

扉裏に見せない100均収納

リメイクシールでデザインすることでお洒落なラップに変身するのですが、それが面倒な場合もあるでしょう。
そこで、100均の網プラケースを使います。
見せない為に、シンク下やガスレンジ下の収納扉裏を利用します。
そこに100均の網プラケースを固定します。
綺麗にラップが入って、取り出しやすい位置に固定することがポイントです。
シンク下にするかガスレンジ下にするかは、普段よく使う場所で、効率的な所を選ぶと良いでしょう。
裏扉が白の場合は、ホワイトカラーで統一することで、目立ちにくく、清潔感もあるので、魅力的です。
サイズにより2ケース横に固定することで、より多くのラップやホイルを収納することが出来ます。
扉裏はデッドスペースで意外と利用していない人が多い為、ラップ収納に適しています。

整理収納整理収納