おたま・フライ返しをすっきり100均収納

おたま・フライ返しをすっきり100均収納

ワイヤーネットで簡単100均収納

レンジフードの周りは意外とデットスペースになっている場合が多いです。
そこで、100均のつっぱり棒とワイヤーネット、S字フックを使い、おたま・フライ返しを引っ掛けることが出来ます。
つっぱり棒をフードコートの左右に固定して、そこにS字フックを引っ掛けます。
そこからワイヤーネットを掛けて、好きな箇所にS字フックを付けます。
そこにフライ返しやおたまを掛けて終了です。
料理の際にすぐに取り出すことが出来て、洗ったらそのまま引っ掛けるだけなので、とても簡単です。

眼鏡ケースで立てる100均収納

壁収納はしたくない場合、置くタイプの収納がお勧めです。
100均アイテムには、眼鏡を立てるクリアケースがあります。
このクリアケースに、おたまやフライ返しを立てて収納していきます。
透けて見えることから、中身が分かりやすく、調理の際にすぐに利用することが出来ます。
又、洗った後にも戻しやすく、コンパクトサイズなので、キッチン周りをすっきり整頓が望めます。
おたまやフライ返しを選ぶ際には色を統一することで、インテリアとしての要素も実感することが出来るでしょう。

レンジ下の扉裏を有効100均収納

ガスレンジやIHレンジの下が収納になっている場合、その扉裏を利用すると良いでしょう。
100均の連結フックにて、おたまやフライ返しを掛けていきます。
1つに5、6個のフックが付いている為、一度に多くのおたまやフライ返しが掛けられるのが魅力的です。
使う際には、扉を開けて、フックから取り外すだけです。
出来るだけ料理を手早くする為に、ガスレンジやIHレンジの真下やすぐ近くの収納扉を利用することがポイントです。
種類が多い場合は、何個か購入して、収納扉に固定してみましょう。

仕切りで引き出し100均収納

出来るだけ見せない収納を目指したいのであれば、引き出し収納が理想です。
引き出しに100均の仕切り板を使って、おたまとフライ返しが入るスペースを確保します。
何個か所持している場合は、重ねて収納することになりますが、引き出しをしまう事でキッチンが綺麗に整理されます。
引き出しが白色の時はホワイトカラーの仕切りを使うことで、狭い空間も広く見せることが出来ます。
又、フライ返しやおたまも同様にホワイトカラーにするとより清潔感があり、インテリアとして演出が可能です。
100均の仕切り板は適度にカットすることが出来る為、サイズに合わせた収納が可能です。

タオルハンガーで吊るし100均収納

100均のタオルハンガーは、タオルだけでなく、おたまやフライ返し収納に便利です。
キッチンの上部棚の下に固定して、そこにS字フック等を取り付けるだけです。
後はおたまとフライ返しを引っ掛けるだけで、収納が完了します。
デッドスペースになるような隅の方に取り付けることで、調理の際に邪魔にならずに使いたい時にすぐに利用が出来ます。
おたまやフライ返しだけでなく、計量カップや大さじ等もかけると良いでしょう。
クリアタイプやホワイトカラーで統一することで、目立ちにくく、清潔でお洒落に演出が可能です。

すのこで100均収納

ホワイトカラーのワイヤーネットもおたまやフライ返し収納に便利ですが、100均のすのこも重宝します。
レンジフードにS字フックを引っ掛けて、反対側にすのこを掛けるだけです。
後は好きな箇所にフックを付けて、おたまやフライ返しを付けてください。
100均のワイヤーラック等も付けられる為、スパイス入れ等に重宝します。
フライパンや鍋等も掛けることが出来る為、限られたスペース収納で困っている方にお勧めです。

整理収納整理収納