収納術・片付け術最近の投稿

More

インテリア調ブラジャー100均収納

インテリア調ブラジャー100均収納

ハンガーで見せる100均収納

ブラジャーは、上に重ねてしまうと、下のブラジャーが隠れてしまい、取り出すのが大変です。
出来れば全てが見える、そのようなディスプレイが必要でしょう。
そこでお勧めなのが、100均ハンガーを使ったお洒落な収納法です。
クロゼット等で、ハンガーをかける場所を確保してから、ブラジャーの肩紐をハンガーに通します。
ハンガー同士をS字フックで連結することで、いくつものブラジャーを収納することが出来ます。
これでブラジャーのフックが絡まることも無く、一つ一つをディスプレイする事が可能なので、選ぶ際にも一目で確認可能です。
ハンガーをかけるスペースがある程度あれば、一列を同じカラーで統一するとより綺麗に演出が出来ます。
型崩れしにくく、お気に入りブラジャーを長く愛用していけます。

つっぱり棒で通常100均収納

つっぱり棒は収納にとても重宝しますが、ブラジャー整理の際にも役立ちます。
使っていない空間があり、左右に固定する壁があれば、つっぱり棒としての機能が作動しますので、ブラジャーを隠せる場所にスペースを確保しましょう。
確保出来たら、つっぱり棒を固定し、そこに1つ1つハンガーにかけたブラジャーを並べます。
通気性の高い、換気の行き届いた場所であれば、梅雨時等の洗濯物が乾かない時でも、部屋干しとして利用出来ます。
ホワイトベースの壁にホワイトつっぱり棒を使用することで、お店のディスプレイのような綺麗な収納が可能な為、見た目もお洒落で、すぐに選べます。
例えばカラーボックスの一つにつっぱり棒でハンガーポールを作り、そこにブラジャーを吊るします。
そして、新たに前面につっぱり棒にカーテン状にした100均端切れを通せば、目隠しとなるお洒落なカーテンが出来上がりますので、隠せる収納になるでしょう。

狭いスペースも安心100均収納

どうしてもスペースを確保出来ない、限られた空間でのブラジャー収納をしなければいけない場合もあります。
その場合は、クロゼットの奥の壁を利用してみましょう。
100均のフックとハンガーを使用します。
まず、奥の壁にフックを付けて、そこにハンガーをかけます。
ハンガーにはいくつかのS字フックを付けて、各々ブラジャーの片側の肩紐をひっかけるだけで終了です。
1つのハンガーにいくつものブラジャーをかけることが出来るので、限られたスペースでも十分機能するでしょう。
多くのブラジャーをしまう場所が無い方にお勧めの方法で、クロゼットの奥と言うデットスペースを上手く有効利用出来ます。

布製仕切り箱で100均収納

ワイヤー付きのブラジャーは、カップを維持したまま綺麗に収納することが必要とされます。
そこでお勧めなのが、100均の布製仕切り箱です。
下着類は出来るだけ柔らかい素材のケースに入れることで、傷等から守り、長期間綺麗な状態で愛用することが出来ます。
その為、布製ボックスは理想的です。
仕切り一つに二つ折をしたブラジャーを入れるだけで、見た目も美しく、分かりやすく収納することが出来ます。
洗濯の際に生乾きになってしまうと、カビの原因になりますので、しっかりと乾かした状態で入れるようにしてください。
布製ボックスはとても軽い為、ブラジャーを入れたまま、ベランダ等に置けば、通気性も良く、防カビ予防にもなるでしょう。

プラケースで折りたたまない100均収納

100均のプラケースは、小物類や書類を整理する時だけでなく、下着類も収納出来ます。
大き目のケースを使うと、ワイヤー入りのブラジャーを折りたたむことなくそのままの状態で収納が可能です。
型崩れもしにくく、劣化が少ない為、お気に入りのブラジャーを長期間愛用することが出来ます。
縦に入れることで上から見てもすぐに欲しいブラジャーを取り出せます。
詰め込みすぎてしまうとフックが引っ掛かり、取り出しにくくなりますので、大体3個程を1つのケースに入れるようにします。
大容量のブラジャーであれば、何個かケースを準備して、上に重ねることで場所も取りません。

整理収納整理収納