収納術・片付け術最近の投稿

More

片付けしやすいおもちゃ100均収納

片付けしやすいおもちゃ100均収納

移動しやすいカゴ100均収納

子供のおもちゃは散らばりやすく、小さい物であれば失くしてしまうこともあります。
そこで、自分で片付けること出来る、移動しやすい100均のプラカゴは外せません。
取手が付いているボックスカゴなので、他の場所に移動がしやすく、色のバリエーションも豊富なので子供たちも喜んで片付けをしてくれます。
ポイントは、子供でも運べる軽い素材の物を入れることです。
又、深さがあまり無いタイプを選ぶと、どのようなおもちゃが入っているのか一目瞭然です。
そして容器一杯に入れずに八分目程度に控えることも忘れないように収納することがポイントです。

調味料ボトルケースで100均収納

シンク下に便利なのが100均の調味料ボトルケースです。
このボトルケースをおもちゃ入れで代用します。
何段かある棚があれば、そこに並べて収納する事が出来ますが、棚を置くスペースが無い場合も、重ねて収納出来るので便利です。
何が入っているのか仕分けしたボックスにラベリングすることで、すぐに必要なおもちゃを出すことが可能であり、綺麗に並べられた収納ボックスに子供たちも率先して片付けてくれるでしょう。
又、ラベリングには写真を乗せることでリアリティのあるおもちゃの指定席が出来て、蓋が無いので出し入れしやすい点でも、片付けしやすくなっています。
ボックスごと、そのまま持ち運ぶことが出来ることも、おもちゃ収納には欠かせない存在です。

小さいプラボックスで100均収納

おもちゃケースは出来るだけ大きい方が良いと考える人が多いですが、実際には持ち運びが出来る、コンパクトな物が理想です。
そこで100均の小さなプラボックスを使うと良いでしょう。
おもちゃの数が多ければ、それに応じてボックスの数も増えてしまいますが、写真ラベリングをすることで、中身が分かりやすくなります。
又、1つのケースにおもちゃを沢山入れていないので、出し入れがしやすく、仕分けをすることを子供も率先して学習します。
同じ色で統一することで、インテリアとしてお洒落に演出が出来て、カラーバリエーションも豊富なので、子供が好きな色を選ぶことで、おもちゃ収納への子供の意欲を促進させる意味でもお勧めです。
ラベリングする際にも、子供と一緒に写真やイラストを使うと、楽しい収納時間を過ごすことが出来るでしょう。

狭い隙間にファイルボックスで100均収納

狭いスペースに便利なのが、100均のファイルケースです。
半透明タイプなので、中が若干透けて見えて、分かりやすく、色を統一することでお洒落に演出が出来ます。
これで子供のブロックや積み木、折り紙等を種類別に仕分けることが可能です。
引っ張り出すことですぐに手に取ることが出来る上、片付ける際にも手に取ってそのまま入れるだけですから、小さい子供でも一緒に片付けることが出来るでしょう。
中身がすぐに分かるように、正面にラベリングしておくことも忘れないでください。
イラストや写真等で作ると、子供でも分かりやすく、率先して片付けを手伝ってくれます。

すのことプラカゴで可愛い100均収納

棚作りに欠かせない100均すのこを組み合わせて、小さい棚枠を作ることが出来ます。
白くペイントしてから、枠状にすのこを組み立て、ビスで固定します。
段数に応じて、つっぱり棒を前後に付けて、その中に100均のカゴを入れます。
カゴが斜めになるようにつっぱり棒を付けることで、おもちゃ等が子供でも入りやすく、又、取り出す際にも見やすいです。
小さいカゴであれば、一段に3個入れることが出来るので、3段で9個のカゴが設置されます。
その中に、おもちゃの種類別に入れると、綺麗に整頓されます。
棚とカゴを白で統一することも良いのですが、例えば白棚にピンクのカゴを使うのも、子供部屋にマッチしてお洒落に演出が出来ます。

整理収納整理収納