収納術・片付け術最近の投稿

More

かさばりやすいベビーグッズを綺麗に100均収納

かさばりやすいベビーグッズを綺麗に100均収納

ベビーグッズはリビング100均収納

リビングで過ごすことが多い赤ちゃんは、おむつ替え等、この場所で行うことになります。
その為、早くその場で取り換えることが出来るように、用品をリビングに備えておく方が良いでしょう。
とは言っても、見た目状、あまり綺麗なものでは無いので、隠す収納に専念してみてください。
床との間に隙間があるソファータイプであれば、その間に100均の網状ボックスでおむつ用具を収納することが出来ます。
おむつの他にもおしりふきやおむつシート等もしっかりと入れることが可能なので、移動することなく作業に集中可能です。
ソファーの下はデッドスペースなので、赤ちゃんのいる家庭ではここを上手く利用することで、お母さんの育児を楽にしてくれるでしょう。
その他にも、クリーム、タオル、爪切り、体温計、綿棒、ビニール袋等も入れておけます。

移動の際に便利な取手付きバッグ100均収納

取手が付いたバッグは、移動する時の赤ちゃん用具入れには欠かせません。
100均の麻のバッグであれば、通気性もよく、アイテムの衛生面もしっかりと守ってくれます。
上から一目で分かるように、縦収納にすると良いでしょう。
取手が付いている為、部屋への移動だけでなく、外出の際にもそのまま持っていける点でもメリットは大きいです。
人に見られたくないものは、100均のビニールポーチを使うことで中身を知られることなく、綺麗に収納出来ます。

クロゼットワイヤーネット100均収納

ベビー用の収納クロゼットがある場合、その空間を有効利用すると便利です。
クロゼットの壁面に100均のワイヤーネットを固定します。
そこに同じく100均のワイヤーラックをひっかけて、その中に小物類を収納出来ます。
タオルや肌着等は赤ちゃんにとっては多く使用するものなので、出来るだけ容量のある収納が必要です。
ワイヤーネットはあると便利なので、将来の子供の為に、成長していく過程に合った使い方が可能です。
又、ワイヤーラックは好きな箇所にひっかけるだけなので、用途に応じて場所を変えることも出来る点で利便性が高いでしょう。

前掛けはハンガーで100均収納

赤ちゃんが食事の時に欠かせない前掛けは何枚も用意しておくと便利です。
しかし、収納にはとても苦労します。
奥に収納してしまうとなかなか取り出せずに、結局同じ前掛け・エプロンばかり使うことになります。
そこで、一つにまとめる意味でも、1つのハンガーに引っ掛けると良いでしょう。
小さい前掛けですから、1つのハンガーに8枚~10枚程かけることが出来ます。
前掛けの柄部分を表に出すようにすると、一目で分かりやすく、今日の気分で選ぶことが出来ます。
これで、同じ前掛けばかりを使うことは避けられます。

ナチュラルテイストでどこにもマッチする100均収納

おむつ替えは、その場ですぐに対応できるのが理想ですから、ボックスタイプが良いでしょう。
しかし、部屋によってインテリアにならない、違和感が出てしまうと意味がありません。
そこで、100均のストレージボックスがお勧めです。
和室も洋室もマッチしやすく、どんな部屋に置いても違和感がありません。
ただし、上が開いているので、急な来客が来た場合は丸見えになってしまいますが、布をかけるだけで目隠しになりますので、特に問題は無いでしょう。
赤ちゃんが快適に過ごせるように、どんな場所でも綺麗に演出してくれるようなナチュラルテイストボックスは必需品です。

整理収納整理収納