収納術・片付け術最近の投稿

More

型崩れしにくい帽子100均収納

型崩れしにくい帽子100均収納

ハンガー・ワイヤーネットで帽子100均収納

帽子の収納はかさばりますので、悩む人も多いでしょう。
そこで、クロゼットのハンガーポールとの空間を上手く利用することで、多くなりがちな帽子も綺麗に収納出来ます。
100均のワイヤーネットとワイヤーハンガーを購入し、ハンガーの下の部分にワイヤーネットのサイド部を結束バンドで固定します。
ワイヤーハンガーのかける部分をハンガーポールに引っ掛けて、ポールとワイヤーネットの間に帽子を置きます。
帽子の他にもハンドバッグ等の鞄類を置くことが出来ますし、シューボックスに入れた靴を置くことも可能です。
帽子は、収納の仕方によって型崩れしやすくなるので、少しの空間を利用して、ディスプレイ感覚で置くのが理想でしょう。
全て100均で出来るので、経済的にも優しいです。

壁を使った直接100均収納

100均グッズには色々な種類のフックがあります。
壁色に合った100均のフックを、壁に間隔を置いて付けていきます。
そこに大切な帽子をかけるだけで、まるで壁のインテリアのようなアイテムに変身します。
様々な帽子があるけれど、収納場所が無くて困っている場合、壁の空間を利用した収納法はとても便利です。
キャップ等、同じ種類で飾ると、より一層見栄えがして、まるでどこかのお洒落な帽子屋さんです。
これならば、外出する際にも一目で欲しい帽子を選ぶことが出来て、帰ってきたら又元にかけるだけなので、とても楽です。
白い壁に同じ種類の帽子を並べると統一感があって、とても綺麗に演出されたディスプレイが出来ます。

キャップはフックとハンガーで100均収納

洋服が多い場合、帽子を置くスペースはなかなか確保出来ないものです。
そこで、100均のハンガーとフックを使って、簡単に収納が出来る方法があります。
特にキャップ帽子を多く所持している方は、この方法で収納すると便利でしょう。
1つのハンガーに8個程のフックを取り付け、そこにそれぞれキャップをひっかけてください。
これだけで8個ものキャップが収納されますので、数が多い場合でも狭いスペースでしっかり収納可能です。
あとは、ハンガーポールにかけるだけで、必要な時はハンガー毎取って、そこから好きなキャップを外しましょう。
上に積むのでは、どうしても見つけづらいのですが、こうして一列にかけることによって、簡単に選べる収納と言えます。

ワイヤーネットで100均収納

壁に穴を開けたくない人もいますので、ワイヤーネットは壁の代わりになる便利なアイテムです。
特に賃貸住宅では、壁への負担は出来るだけ避けたいものです。
そこで、100均のワイヤーネットを利用して、帽子を収納します。
壁に直接固定する場合も、穴が目立たない100均の画鋲を使用し、そこにフックをひっかけて、必要な帽子をかけます。
必要に応じて、ワイヤーラックを付けると、中に小物等を収納出来ます。
又、フェイク観葉植物をネットに絡ませることで、お洒落なインテリアアイテムに変身しますから、アレンジしてみると良いでしょう。
帽子の数によって、ワイヤーネット壁を広げることも出来ますが、好きな帽子だけを日替わりで飾るのもお洒落に演出が出来て、お勧めです。

つっぱり棒でお洒落に100均収納

壁に穴を開けたくない場合、ワイヤーネットとともにお勧めなのが、つっぱり棒です。
左右の壁で固定するので、帽子をかけても落ちてくることがありません。
つっぱり棒の色を壁カラーと統一することで、目立たず、まるで壁に帽子が浮いているような演出がお洒落です。
100均のS字フックを使うことで、つっぱり棒も帽子も同時にかけることが出来ます。
部屋のデッドスペースは、こういった帽子収納には適していますので、固定する壁があれば、つっぱり棒は重宝します。
剥き出しのまま飾る場合、どうしても埃が気になるものなので、こまめに埃払いは行いましょう。

整理収納整理収納