収納術・片付け術最近の投稿

More

車を愛するガレージ100均収納

車を愛するガレージ100均収納

ストッカーでスプレー缶100均収納

ガレージ工房で作業に使うスプレー缶は乱雑になりやすいものです。
床に並べると、散らばってしまうので、壁空間を利用しましょう。
100均のコルクボードにフックを付けて、缶ストッカーをひっかけるだけで出来上がりです。
いくつか作っておくと、スプレー缶だけでなく刷毛やインク、ボールペン等も収納可能です。
種類別、カラー別に整理しておくと、使う時に探す手間が省けて作業時間もはかどりますので、最初の仕分けをしておくと便利です。
床に並べる場所が狭くなったことで、作業スペースが増えてくるので、より作業しやすくなるでしょう。

パーツケースは欠かせない100均収納

ガレージでは、ビス等細かいパーツが多く、作業台から転がって無くなってしまうこともあります。
そこで細かく仕切りがされている100均のパーツケースは欠かせません。
同じ種類分けをしておくと、上から見てすぐに必要なパーツを探して取り出せますから、なかなか見つからずにイライラすることもありません。
100均のすのこやボードで棚を作っておくと、パーツケースを引き出し式にできますので、よりすっきりと整理整頓されます。
半透明ケースですが、外から一目で分かるようにケース一つ一つにラベリングしておくと、分かりやすくて探す手間が省かれ、作業時間を効率的に確保出来ます。
収納棚はキャスターを付けておくと、移動が可能なので、作業場所に合わせて無駄に動くことがありません。

定番コンテナで100均収納

ガレージ工具を入れるのに便利なのがコンテナですが、100円ショップでも販売されています。
100円なのにしっかりと補強がされていて、ボルトやナット、ビスを多く入れても壊れたり曲がったりすることが無いので重宝します。
色は2種類程度しか無いので、ガレージに合った色選びが出来ない点はありますが、多くの物を入れるのには利便性が高いので、買っておくと良いでしょう。
又、重ねて使うことが出来るので、何段かに積み上げて狭いスペースで整理が出来ます。
部品別に仕分けて前面にマジックで記入すれば、中に何が入っているのか一目瞭然ですが、景観が良くないと言う場合は、印刷文字シールをプレートに使いましょう。

サンドペーパーはクリアフィルで100均収納

表面を削って平らにするサンドペーパーは、ガレージでの作業で欠かせないものです。
紙なのでどうしても散らばったり、必要な時になかなか見つからないということもあります。
そこで、一つにまとめるのですが、100均のクリアファイルを利用してみましょう。
クリアファイルの中に1枚ずつ入れて、透明なので分かりやすいですし、見た目も綺麗です。
サンドの荒具合によってファイルを分けてみると、用途によって選択しやすくなります。
ファイルに入れた後は、表紙にネーミングシールを貼ることで、どんなサンドペーパーが入っているのか一目瞭然です。

タイヤは専用袋で100均収納

ガレージで意外と場所を取ってしまうのが、タイヤスペースです。
タイヤが積まれていると、いくらガレージと言っても外観上あまり良くありません。
そこで100均のタイヤ収納袋がお勧めです。
サイズは色々ありますが、タイヤ収納作業を考えて、Lサイズ等出来るだけ大きいタイプを選ぶと良いでしょう。
ガレージ外に放置していたタイヤは、直射日光や風、雨によって劣化しやすくなりますので、カバーをかけて収納することは保管する上ではとても大事なことです。
タイヤをいくつかまとめて収納出来るので経済的ですし、重ねて使うことが出来るので、省スペース確保で済みます。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)