100均アイテムでプチプラキッチン収納術!

100均アイテムでプチプラキッチン収納術!

キッチンにはたくさんの収納場所があります。冷蔵庫、食器棚、吊戸棚、流し台下の引出や戸棚など有効活用することで、キッチンの使い勝手が随分よくなり、食事の準備が今よりスムーズになりますよ。冷蔵庫においては、きちんと整理できていることで、賞味期限切れの商品をなくすことができて、経済的です。取り出しやすさや食事を作る動線を頭に入れて、もう一度家のキッチンの収納を確認してみましょう。

半透明ケースを使った100均アイテム冷蔵庫収納術

調理で余った食材やその日の残り物を冷蔵庫に保存しておく際に、半透明ケースを使うと、何が入っているのか一目瞭然です。
こうしておくことで、次の日にすぐに取り出せて、余ることなく使い切ることが出来ます。
100均の半透明ケースは色々なサイズがありますが、同じサイズで統一しておくことで、きちんと整理されて、見た目も綺麗に整います。
特に白いケースは清潔感があり、膨張作用によってスペースが広く見えますので、クリア部分以外はホワイトカラーの同サイズケースで揃えてみてください。
又、麦茶等を入れるのに使う半透明キッチンポットも、調味だしやふりかけ等をストックしておくのにぴったりで、手前にラベルを付けることで、より分かりやすく、取っ手が付いているので、取り出しやすいのもポイントです。

つっぱり棒を使った100均アイテム食器棚収納術

100均のつっぱり棒を食器棚に縦置きにつっぱらせると、仕切りが出来ます。
この仕切りの間にまな板を入れると、お洒落に演出出来ますし、取り出しも楽になります。
100均のつっぱり棒はサイズも豊富で、長いものから短いものまで揃っているので、収納するものに合わせて簡単にスペースを調整できるのがメリットの一つです。
鍋収納庫に横置きにつっぱらせれば、フライパンや鍋等の仕切りにもなります。
いくつも鍋を所持していると、どうしても重ねてしまうのですが、それでは下の鍋を取り出すのが大変です。
横に仕切ることで、好きな鍋をすぐに取り出すことが出来て便利です。
長さの異なったつっぱり棒を数本用意しておくと、色々な場で重宝します。

コの字型ラックを使った100均アイテムキッチン収納術

コの字型ラックはキッチンスペースには欠かせません。
食器棚スペースは限られており、多くの皿を乗せるとどうしてもサイズの事なった皿をいくつも重ねてしまうことになります。
大きい皿の上に小さい皿を乗せると、大きな皿を必要な時に下から取り出すのは大変です。
そこで、コの字型ラックを置くことで、下に大きな皿を、そしてラックの上に小さい皿を乗せることで、必要な皿を取り出しやすくしてくれるのです。
又、シンク下のスペースを活用する際にもコの字型ラックは重宝します。
大きな鍋の中に小さな鍋を重ねて置いていると、外見も良くありませんし、取り出しにくいものです。
そこでコの字型ラックを置くことで、鍋をそれぞれ独立させてディスプレイするので、見た目もすっきりし、オシャレで機能性も高まります。

ワイヤーネットを使った100均アイテム洗い場収納術

洗いものをすると、水切りカゴは一杯になってしまうのですが、その上にワイヤーネットを設置しておくと、おたまやフライ返し等を洗ってからすぐにひっかけておくことで、水切りスペースが増えます。
ワイヤーネットと一緒に100均でフックを購入すると、すぐにひっかけることが出来て便利です。
又、ワイヤーネットと様々な形状のラック、そしてS字フックを使うことで、より応用的に使うことが出来ます。
例えばティーパックや輪ゴム、スティックシュガー等を綺麗に収納出来ますし、壁面に貼ることで見た目もお洒落に、見やすく、すっきりとした収納が可能です。
置き収納だけではスペースが限られてしまいますが、少しニュアンスを変えて、壁を利用する方法は、空間収納には無くてはならない存在です。

クリップとフックを使った100均アイテム冷蔵庫収納術

100均収納で欠かせないのがクリップとフックです。
わさびやしょうが等のチューブ類は、キャップ部分を上に向けてしまうと、次に使う際に出しにくくなってしまう為、出来るだけ下を向けて置くことが基本です。
そこで有効的に且つ見た目も綺麗に演出するには、100均のクリップとフックがお勧めです。
クリップやフックを使ってチューブのお尻部分を上に、キャップを下にした状態で留めます。
白いクリップを使用すると、目立ちにくくなりますし、残量も分かって便利です。
付属のチューブ入れに入れたままではどうしても残量が分かりにくく、そのまま消費期限が切れてしまう恐れがあるので、クリップ活用は冷蔵庫収納には必要不可欠でしょう。

プラスチックのかごを使った100均アイテム冷蔵庫収納術

賞味期限を気にしながら、たくさんの食品を保存しなくてはならない冷蔵庫は、買う度にどんどん詰め込んでいては、すぐに奥のものが分からなくなり、気付いたときには、食べられなかったというケースが増えてしまいます。冷蔵庫を収納するポイントは、食品の種類ごとにプラスチックのかごに入れて、食品を置く定位置を予め決めておき収納することです。そうすることで、賞味期限の確認がしやすく、足りないものの補充がすぐにできます。野菜室も同じで、古い野菜を奥にしまうと、使おうと思ったころには腐っていたり、乾ききって使い物にならなかったりと、食品の無駄に繋がりますので、まずは、新しいものを奥に入れ、古い物を出しやすいように手前に収納する必要があります。冷凍庫は、何が入っているのかすぐに分かるように、縦に食品をしまい、奥まで見やすくして収納すると使い勝手がよく、中身がよく見えますので食品を無駄にすることが減ります。

プラスチック製のかごを使った100均アイテム冷蔵庫昇降棚の収納術

高い位置にあり、ゆっくり引っ張りながら、下におろして収納するタイプの昇降棚。ものをあまり入れていなくても結構な重さを感じる人は少なくないと思います。この昇降棚、見た目はいいのですが、出し入れに時間がかかるので、頻繁に使うものを収納するには適した場所ではありません。まずは、その重さ故、大きくて重い物を入れるよりは、軽く取り出しやすいもの入れた方が便利に使えます。ただ、場所が流し台のすぐ上など、比較的、食事をつくる際の動線に沿って設置してあると思いますので、スープや嗜好品(コーヒーや紅茶など)、お客様用の砂糖やクリープなど、ストック類を収納することをお勧めします。手前に今使用中の嗜好品を置き、そのすぐ奥に在庫をしまうようにすると、取り出しやすくなり便利です小さな箱で一杯になるようでしたら、100均のプラスチック製のかごを何個か購入し、種類ごとに収納して、昇降棚から取り出しやすいようにすると、更に便利に使えます。

100均アイテム収納術まとめ

キッチンの収納は、欲しい物がすぐに取り出せる便利さがポイントです。キッチンの収納を始める前に、日頃どのように動いて食事を作っているかを思い描きながら、調理器具や食品の収納場所を決めてみましょう。例えば、ほ食事を作る動線に沿って、流し台の下の棚に、ざるや鍋類、調理器具を収納すると食事の準備が簡単に。できるだけ動くことなく、スムーズに食事が作れる位置に収納することで、時短に繋がり、毎回の食事の準備の際、ものを探すストレスからも解放されて楽しく作れます。季節限定で使う、土鍋や普段あまり使用しないガスコンロなどは、手が届きにくい、流し台上の棚にしまっておくとよいでしょう。キッチンの収納場所は料理を作る上でとても大切です。キッチン自体、家の中でものが多い場所で、収納が難しく感じますが、まずは、綺麗に収納することを考える前に、キッチンでの実際の自分の動きを確認して、使い勝手が良いように収納してみて下さいね。

整理収納整理収納

整理整頓・整理収納

*
*
* (公開されません)