片付けられない人必見!たったの5つ!リビングの整理収納・片付け術

片付けられない人必見!たったの5つ!リビングの整理収納・片付け術

リビングはみんなで使うものです。そのため、みんなで協力して片付ける必要があります。

片付けるポイントをご紹介します。

①リビングはみんなで使うものだけを置く

リビング

リモコンやコード類、文房具、書類などみんなで使うものだけを置きましょう。
置くものを限定しておかないと、物があふれてすぐに散らかってしまいます。
みんなで使うものを分類してボックスに収納しましょう。
爪切りや絆創膏、リモコン、ハサミやボールペンなどの文房具類などわかりやすいように1か所にまとめておくと
みんなで使いやすいです。
ファイルボックスや引き出しに分けて片付けます。
場所がわからなくなる場合は付箋やマスキングテープを使ってラベリングしておきましょう。

②テーブルの上には何も置かない

片付け

テーブルの上に何も置かないだけで部屋がスッキリと見えます。
みんながくつろげるよう綺麗な空間にしましょう。
テーブルの周りにも物は置かないようにし、使ったら元に戻すことを心がけましょう。
テーブルの上は1日2回片付けます。
外出する前と寝る前に何もない状態になるように片づけます。

③コードはテレビの下にまとめる

コードは見えないよう、テレビボードの下に片付けましょう。
電源タップはファイルボックスを用意しましょう。スッキリと収納できます。
スマートフォンやタブレット、カメラなどの充電器はクリアボックスに収納するとよいでしょう。
充電器やコードをコンセントにさすと、どの充電器かわからなくなるときがあります。
それぞれラベリングをしておくと使いやすくなります。
マスキングテープを使って名前を貼っておくと便利でしょう。

④1人1つ専用ボックスを用意する

マンション

人それぞれリビングでよく使うものがあるかと思います。
それらを片付けやすく、使いやすくするため、1人1つ専用ボックスを用意して、空いている棚や三段ボックスなどに入れます。
専用ボックスに入る分だけ物を入れるようにしましょう。

⑤とりあえず入れるための箱を使う

急な来客や早く片づけたい場合に便利なのが、とりあえず用意しておいた箱に片づけることです。
片付ける時間がないときはその箱に入れて、ふたをして収納すればリビングがスッキリします。
入れっぱなしにならないように、その日のうちに中身をチェックしましょう。

綺麗なリビングを維持する方法

片付け

1日2回片付ける時間を設ける
自分の物は自分の場所に収納する
(リビング専用のボックスに入れてもOK)
みんなで使うものを決まった場所に置く

整理収納整理収納