子ども部屋の片づけ術

子ども部屋の片づけ術

子ども部屋の片づけをご紹介します。

子ども部屋の片づけにはいくつかテクニックがあります。

①子どもに部屋を片付けてもらうには?

子ども部屋

片付けてと言ってもいつも片付けてくれないお子さんは、言い方を変えてアプローチしましょう。
一緒に競争するようにお片付けしたり、「ぬいぐるみのお家はどこかな」と声をかけたりするとよいでしょう。
「どこに片づけたらいいかを教えて」と一言いうと「ここだよ」と教えてくれたりもします。
片付けを楽しく演出することで片付けてくれるようになります。
子どもは気分にムラがあります。
声をかける様子を観察しましょう。機嫌の悪い時には無理をせずに、タイミングを探しましょう。

②ラベリングする

片付け

どこに片づけるといいかはっきりさせておくと上手に片づけてくれます。
おもちゃはそれぞれグループ分けをし、「お絵かき道具」「ぬいぐるみ」「おままごとセット」などをラベルを貼ったケースを用意しましょう。
子どもが出し入れしやすいよう、低い位置にケースを置いてあげるとようでしょう。

③収納ボックス、ケースは浅いものを選ぶ

 

子ども部屋100均アイテム収納

収納ボックス、ケースの中に何が入っているか一目でわかるサイズを用意しましょう。
必要なおもちゃを取り出しやすく、中を全部出しておもちゃを探す必要がなくなります。

④遊ばなくなったおもちゃは手放す

片付け

子どもが遊んでいるところを観察すると遊ばなくなったおもちゃが見つかります。
勝手にすぐ捨ててしまうのではなく、「どうする?このおもちゃで遊ぶ?」「このおもちゃ他の人に譲ってもいい?」と声をかけて一緒にどうするべきか考えましょう。
子どもが「いいよ」「遊ばない」と言った場合におもちゃを手放しましょう。

⑤絵本は見せる収納にする

絵本は子どもが自分で選べるように表紙が見えるように収納します。
壁に取り付けられる棚や市販の本棚を活用しましょう。
子どもの部屋の高さに合わせて棚の位置を決めましょう。

⑥子どもの生活用品は1か所にまとめる

片付け

子どもが小さいうちは、目の届くリビングなどに子どもの生活用品をまとめておくといいでしょう。
テーブルや棚、ランドセル、洋服などをまとめることで片付けやすくなります。

⑦子どもの目線に合わせた収納棚やクローゼットを用意する

片付け

自分のことは自分でできるようになるよう、子ども専用の棚やクローゼットを収納できます。
クローゼットは突っ張り棒を使って目線の高さに服をかけられるようにします。
靴下やズボン、Tシャツなど専用のケースを用意してあげてもいいでしょう。

整理収納整理収納