クローゼットが狭くてもOK!服の断捨離術&クローゼットの片付け・収納方法

クローゼットが狭くてもOK!服の断捨離術&クローゼットの片付け・収納方法

服が増えて収納に困っている、服は沢山あるのに着る服がない、クローゼットに洋服が入りきらないなどの悩みを解決する収納方法をご紹介します。

片付けの流れ

片付け

1.服を全部出す。
2.よく着る服、着ない服、好きな服、あまり好きではない服に分ける。
3.よく着る服、好きな服からコーデを考える。
4.コーデを決めたら、服を収納する。
5.コーデに残った服を手放す。

1.服を全部出す

収納

持っている服を全部取り出して、床に並べましょう。バッグや靴も同様に並べます。
ベルトや靴下なども取り出しておくとコーデが考えやすいでしょう。

2.よく着る服、着ない服、好きな服、あまり好きではない服に分ける

断捨離

好きでよく着る服、好きではないけれどよく着る服、好きだけどあまり着ない服、あまり好きではなく着ていない服に分けられます。
全部取り出してこのように分けることで、服の無駄買いなどに気づくことができます。
靴やカバンなども同様に分けてみましょう。

3.よく着る服、好きな服からコーデを考える

片付け

よく着る服や好きな服を参考にコーデを考えましょう。
シーン別にコーデを考えます。例えば、ランチ、学校の行事、職場、学校、公園などです。
シーンに合ったカジュアルな服装、フォーマルな服装、きれいめな服装などを用意しておくとよいでしょう。
バッグや靴も揃えて全身コーデを考えましょう。

4.コーデを決めたら、服を収納する。

収納

コーデで使う服をクローゼットに収納します。
クローゼットはなるべくかける収納をすると楽になります。
クローゼットが狭くて入らないときでも収納アイテムを使ったりなど工夫次第でスッキリ収納することができます。
例えば、ハンガーを薄いものにしたり、突っ張り棒を使ったりなどです。

5.コーデに残った服を手放す。

収納

コーデで使わなかった服は手放しましょう。
処分することに抵抗がある人は、リサイクルショップに持っていったり、人に譲ったりしてもよいでしょう。
服を手放したくない場合は、一旦保留ボックスを作ってそこに入れておきましょう。
半年ごとに見直し、着ない服は手放しましょう。

服を手放す目安

収納

・服の判断に迷ったとき
判断に迷ったときは一度服を着てみるとよいです。
鏡の前で実際に服を着た自分を見てみましょう。
似合っていないな、この服装で外出したくないなと思ったら手放しましょう。

・同じような服を持っていたら処分する
ボーダーシャツやワンピースなど同じようなデザインの服を持っていたら1つに絞りましょう。
買うときも似たようなものを持っていないか気を付けましょう。

・古いデザイン
昔流行った古いデザインは手放しましょう。
新しいデザインの服を残すとよいでしょう。

・いつか着るかもしれない服
また着るかもしれない、痩せたら着るかもしれないという服はいつまでも着ない可能性が高いです。
潔く手放した方が収納スペースも確保できるためよいでしょう。
どうしても手放せない場合は期限を決めて保管しましょう。

クローゼットの片付けのポイント

ハンガー

・ハンガーにかける服は色別に分けておくとコーデを決めやすいです。
暗い色から明るい色になるよう分けてハンガーにかけておきましょう。
仕事用・普段着用など用途別に分けるのもおすすめです。

ハンガー

・ハンガーをかけすぎないようにしましょう。
春・夏服は1着につき幅を4cmほど使い、秋・冬服は1着につき7cmほど使います。
ギュウギュウにならないよう服の厚さに合わせてかける量を考えましょう。

収納

整理収納整理収納