捨てられない人でも必ずできる!片付け・断捨離のコツ3選

捨てられない人でも必ずできる!片付け・断捨離のコツ3選

物が捨てられなくても、断捨離が苦手でも部屋が綺麗に片付くコツをご紹介します。

捨てられない理由

マンション

①まだ使うかもしれないと思い、物を取っておくタイプ

②思い出の品・プレゼントでもらったものだから捨てられないタイプ

③捨て方がわからないタイプ

捨てなくても片付けるコツ

無印良品の人気ボックス商品

物を捨てなくても片付けるために必要なことは、必要なもの・必要ではないものを判断することです。

ですが、はっきり判断することが苦手な人も多いでしょう。

その場合は、むやみに捨てようとしなくても大丈夫です。

捨てられない人でも必ず片付けることができるコツを3つ挙げます。

1.今使っているもの・次に使いたいものに分ける

物を片付ける基本は、
①物をすべて出す→②今使っているものと使っていないものに分ける→③使っているものを整理して片付ける

物をすべて取り出して、使っているものだけを収納するといいのですが、
使っていないものを捨てられないと収納場所に困ってしまいます。

その場合は、使っていないものの中から、次に使いたいものを選んで段ボールやケースなどに保管しておきましょう。

今使っているものは使いやすい場所に収納し、次に使いたいものは押し入れなど目につかない場所に保管しましょう。
ラベルを張っておくと取り出しやすいため便利です。

無理に捨てようとしなくても、今使っているものを使い終えたらすぐに使えるようにしておくと物を増やさずに片付けることができます。

コツ①
・物を捨てずに「次に使いたいものとして保管しておく」
・今使っているもの→使いやすい場所へ
次に使うもの→押し入れなど目につかない場所へ

2.人に譲ることで物を減らす

「まだ使えそうだし、捨てるのはもったいない」という人には、人に譲ることで物を減らすことができます。

捨てる抵抗をなくし、物を片付けることができます。

また、もらってくれる人がいないときは、ネットやリサイクルショップ、アプリなどを活用して売ってもいいでしょう。

捨てることが苦手な人は、捨てる抵抗を少なくすることで楽に片付けることができるでしょう。

コツ②
・捨てるのではなく、「人に譲る」「物を売る」ことで物を減らす
・捨てる抵抗を少なくする

3.思い出の品・愛着のあるものは捨てない

思い出の品やプレゼントでもらった大切なものは捨てなくても大丈夫です。

好きなものはたとえ今使っていないとしても無理に捨てる必要はありません。

片付けは心地よく暮らすためにするものです。
持っているだけ、見るだけでハッピーな気持ちになれるものは取っておきましょう

専用のボックスを用意して保管しておきましょう。
一度保管したものは時々中身を確認しましょう。半年に一度のペースで見直すとよいでしょう。
もう必要ないなと感じたら手放しましょう。

子どもが書いた絵や作品など場所をとるものは写真にとってデータやアルバムで保管しておくのもおすすめです。
大切なものは写真に残しておくと、後で見ることもできます。

コツ③
・思い出の品・愛着のあるものは捨てずに専用のボックスに保管する
・専用のボックスは半年に1度のペースで中身を見直す
・場所をとるものは写真に撮ってデータやアルバムで保管する
物が捨てられないと片付けをあきらめてしまうのではなく、3つのコツを活かして片付けをしてみましょう。
捨てられなくても少しの工夫で上手く断捨離することができ、部屋を綺麗に片付けることができるでしょう。
整理収納整理収納