Tシャツ・衣類を100均アイテムで収納と傘立て100均収納

Tシャツ・衣類を100均アイテムで収納と傘立て100均収納

旅行にも便利な持ち運べる100均収納

薄手のTシャツ類は、出来るだけコンパクトに収納したいものです。
そこで便利なのが、100均の区切りのある収納ボックスです。
プラスチック製であれば、軽くて持ち運びも楽です。
この仕切りの中に、1つ1つ折りたたんで筒状にして立てる収納をします。
仕切りがある為、立てやすく、上から一目で見えるのも上級の収納術としては覚えて置くと便利です。
収納ボックスやTシャツ自体も軽く、移動出来る為、鞄に入れて旅行の際にも重宝します。

チェーンとハンガーで省スペース100均収納

クロゼットのポールには限られたスペース内でのハンガー掛けになる為、大量の洋服を掛けるとなると難点もあります。
Tシャツは気軽に着れるので、枚数も多くなりがちです。
そこで、100均のチェーンとハンガーを使った省スペース100均収納がお勧めです。
チェーンをポールに下げて、穴にハンガーを引っ掛けるだけで完成です。
そのハンガーにTシャツを掛けますが、いくつかチェーンの穴にハンガーを引っ掛けることですっきりした収納が望めます。
幅をとりがちなクローゼットの収納も、縦並び収納をする事で、省スペースで済むのです。

ウォールポケットで見せる100均収納

毎日使うTシャツは出来るだけ、普段見えるように収納することが推奨されます。
そこで、100均のウォールポケットを使ってみましょう。
細かく区切れたウォールポケットは、透明なので中身が見やすく、取り出しやすい特徴を持っています。
ポケット口も広めなので、楽に出し入れが出来る点でも魅力的です。
Tシャツを小さく畳んで入れるだけなので、とても手軽な収納法です。
又、ポイントになる柄部分を表に出すことで、一目で分かりやすくなります。

つっぱり棒でデッドスペースを有効100均収納

100均のつっぱり棒は、デッドスペースになる箇所を上手く利用することが出来るアイテムです。
ポールが無い所は、洋服を下げる収納が出来ない為、自分で付ける必要があります。
そこで簡単にポール代わりとなるのが、100均のつっぱり棒です。
クロゼットや押入れの上部に左右の壁で固定するだけで、簡単にポールが完成します。
後は、ハンガーに掛けたTシャツを引っ掛けるだけです。
ハンガーに掛けると、一枚一枚のTシャツが独立して、見えやすく、しわになりにくいので便利です。

ファイルボックスで丸めて100均収納

Tシャツは普段よく着るものだからこそ、出来るだけ簡単に取り出しやすい収納がお勧めです。
そこで、100均のファイルボックスを使いましょう。
長細いケースの中に、丸めたTシャツを収納していきます。
タンスや収納ボックスに入れてしまうと、どうしても下の方にある洋服を取り出す際にぐちゃぐちゃになってしまいます。
ファイルボックスは丸めて1つずつ立てて収納をすることで、見やすく取り出しやすくなります。
ホワイトケースを使うことで、周囲との調和が取れて、空間を邪魔しない収納が望めます。

ワイヤーネットで簡易棚100均収納

クロゼットはポールを固定することで、ハンガーで掛ける洋服収納が望めます。
しかし、下のスペースは無駄になってしまうデメリットがあります。
この空間を上手く利用する為に、100均のワイヤーネットを使って、簡易的な棚を作りましょう。
白い壁に合うように、ホワイトカラーで統一することで、とてもお洒落な印象に仕上がります。
柄の部分が多く見えるようにTシャツを畳んで、積んでいきます。
通気性も良い為、綺麗に保存する上でもお勧めの収納法です。

合わせすのこで100均収納

箱作りには欠かせないのが、100均のすのこです。
すのこを四角く合わせてビスやボンドで固定します。
傘足が付くスペースには、水が漏れないように、プラスチックのトレーを置きましょう。
後はインパクトがあるように、100均の木目を生かした端板にペイントを加えて、世界に一つの傘立てが出来上がります。
ウッド感がありますが、壁に合わせてホワイトカラーや濃茶にすると全く違ったイメージに仕上がります。
下にキャスターを付けると移動が出来て、掃除が楽です。

ワイヤーとフックで壁かけ100均収納

子供の傘等、沢山あっても、傘立てを置くスペースが無い場合、壁かけは便利な収納方法です。
100均のワイヤーネットとフックで簡単に傘置きスペースを作ることが出来ます。
まず壁にワイヤーネットを固定して、後はフックを引っ掛けるだけで、傘をそこにかければ終了です。
白い壁に合わせてホワイトカラーのワイヤーネットを使うと、目立ちにくく、ディスプレイ感覚の演出が可能です。
フックの数に応じて、日傘もかけることが可能で、ブリキバケツに鍵等の小物類も収納が出来るので便利です。
見た目もすっきり整理され、省スペースでしっかり収納可能な点で注目されています。

ワイヤーネットで置く100均収納

ワイヤーネットは壁掛けだけでなく、置く収納としても便利です。
玄関スペースに合うサイズの100均のワイヤーネットを4枚合わせて、結束バンドで固定します。
その中にビニールバスケットを入れて完成する為、とても手軽に作ることが出来ます。
壁に合わせてホワイトカラーにすることで、清潔感が保たれ、ワイヤーなので圧迫感も無く、広い空間演出が可能です。
傘の数に応じてワイヤーネットのサイズも変えることが出来るでしょう。
ワイヤーラックをサイドに引っ掛けることで、日傘等も収納可能なので、機能性にも富んでいます。

アイアンバーですっきり100均収納

出来るだけ傘スペースを狭くしたい場合、置く傘立てを作るのではなく、吊り下げるスタイルが推奨されます。
そこで便利なのが、100均のアイアンバーで、後は傘を掛けるだけで終了です。
100均のS字フックを使うと、折りたたみ式の傘も簡単に引っ掛けることが可能です。
これは傘立てを作ってしまうことで玄関スペースが狭くなってしまうデメリットを、上手く解消する方法と言えるでしょう。
雨の日は傘からの水滴を防ぐ為に、アイアンバーサイズに合ったプラトレイを下に敷いてください。
壁への水滴が気になる場合は、壁にリメイクシートを貼ると水滴シミを防ぐことが出来ます。

つっぱり棒で隙間100均収納

玄関が狭い場合、少しの隙間も無駄には出来ません。
そこで、100均のつっぱり棒で傘を簡単に収納可能です。
左右に壁があれば、つっぱり棒としての機能を発揮します。
そこに必要分の傘をかけるだけなので、誰でも手軽に出来るでしょう。
日傘や小物類も、S字フックを使って引っ掛けることが可能なので、邪魔になりがちな物もしっかりと収納されます。

レンガブロックで100均収納

100均アイテムには、レンガブロックもあり、玄関のワンポイントとして重宝します。
穴が開いているタイプのレンガブロックは、その穴に傘をさすことが出来る為、傘立てとして利用が可能です。
壁や玄関タイルとの色調も大事な要素なので、合うレンガカラーがあれば利用が出来ます。
本来、レンガはガーデニング等に使用するのが一般的ですが、ここはあえて違ったニュアンスで使ってみると良いでしょう。

整理収納整理収納