部屋が片付かない!片付かない人の収納パターン・すっきり100均収納術

部屋が片付かない!片付かない人の収納パターン・すっきり100均収納術

片付かない人の収納パターン

いつも部屋をきれいに保ちたいと願いながら、なかなか片付かない人にはある特徴があるようです。この行動パターンを見直して、片づけ上手に変身しましょう。片付かない人の特徴は大きく分けて、ものをいつもぎゅうぎゅうに詰め込む癖のある詰め込み派、不要なものでもいつか使うかも・・・と思って、たくさんのものを持っている、捨てられない派、試供品や景品をついつい多く貰ってしまいどんどんものが増える、ものが増える派、出したら出しっぱなしで、使用後にすぐ片づけられない出しっぱなし派、いろいろなパターンがあり片付かない理由があります。頭が痛い問題かもしれまえんが、しかし、自分の片づけに対する行動パターンをよく知ることで、解決法が見つかり、きっと片づけ上手になりますよ。

ものが捨てられない

ものをぎゅうぎゅうに詰め込む詰め込み派・・・あまり深く考えずに収納場所を見つけたら、ひとまずそこに入れることで、片付いたと思ってしまうタイプは、予めものの収納場所を決めておくと良いと思います。例えば収納ケースの中に、小物をただ入れるのではなく、仕切りを作ってその中に、種類別に収納するとか、ものの定位置をきめることで、ぎゅうぎゅう詰めにしなくなります。

ものが捨てられない派・・・思い出の品やいつか使うかもと思って贈答品のひもや包装紙を取っておくタイプの人は優柔不断の傾向があります。まずは、必要なものかどうか仕分けをして、使用頻度が少ないものは思い切って捨てるようにしましょう。ものが増えやすいので、収納ボックスが一杯になったら仕分けをして捨てる等、定期的に収納量をチェックする必要があります。

ものが増える

どんどんものが増えていく派・・・お店の景品や試供品を多めに貰うタイプの人は、無計画で欲張りタイプです。使うかどうかを考えずにものを貰うのですが、家に持って帰ると案外使わなかったりします。そして減ることが殆どないからどんどん増えていくばかり。このタイプの人は、自分が本当に使うのかどうかを考えてものを貰うように心がけて、無料だからとか、いくらでももらえるからという理由でたくさんものを貰うのでは、収納にこまるだけでなく、常に雑然とした印象で、すっきりした収納にはほど遠くなります。実際、使うことはないと思うものは、思い切って断る勇気を持ちましょう。

出しっぱなし派・・・着た服はベッドや椅子に掛けたまま、上着も部屋の空いたスペースにぽいっと置くので、同じ場所に服が山積みに・・・または、外出先から家に帰ったら、鞄はリビングの机の上に置いたら、しばらくそのままなど、片づけをまとめてしようと思いながら、なかなか行動に起こせない面倒くさがりやタイプは、簡単・便利な収納グッズを使用して、あまり動くことなく簡単にものが片づけられる収納がおススメです。

まとめ

片づけは、自分の収納方法を分析してよく理解することで、その行動パターンにあった収納方法を知り、片づけることがポイントです。現実を受け入れることは難しいかもしれませんが、片づけに関しては、自分を厳しく客観的に見ることで、自分に合った、部屋の収納方法がきっと見つかりますよ。また、片づけや収納は自分の心の状態や性格が如実に出る場所でもあります。細かくてキチンとした性格だと思っていても、実際は、押入れの空きスペースにものをポンといれたまま忘れてしまうことがあるとか、自分が把握している生活と片づけ方に多少のずれがある場合もあります。自分の性格や生活習慣を見直すきっかけにもなるので、大変でも一度、自己分析をして、片づけに取り掛かってみて下さいね。今までと違った、もっと自分の生活や性格に則した便利な収納になると思います。

大きなプラカゴでざっくり100均収納

掃除機はそのままではかさばりやすいので、分解して細かく収納するのが良いでしょう。
そこで、掃除機のノズル等を収納する際に便利なアイテムが、100均の洗濯カゴです。
シンク下や押入れにスッポリと入るので、隠す収納が望めます。
白い壁と統一する為に、ホワイトカラーのプラカゴを使うと便利でしょう。
ノズルを丸めて、中にざっくり入れるだけです。
洗濯カゴは取手が付いているので、取り出しやすく、移動する際にも使いやすいです。

ハンディクリーナーは引っ掛け100均収納

ハンディタイプのクリーナーは、立てる収納よりも引っ掛けるタイプがお勧めです。
その際に便利なのが、100均のフックです。
同じく100均のタオルハンガーにフックを引っ掛けることで、ハンディクリーナーを収納することが出来ます。
コードは丸めてしまうと傷みやすくなるので、折り目を付けずに優しく引っ掛けると良いでしょう。
壁に直接固定する方法が嫌であれば、クリーナー類を収納する棚を作ると便利です。
すのこを使って枠を作り、裏板を固定することで、簡単に棚が出来上がりますので、掃除用具一式を収納するのに重宝します。

ワイヤーネットでぶら下げ100均収納

100均のワイヤーネットを使った収納法は、色々重宝します。
掃除機ノズルを掛けるにも便利なアイテムなのです。
ワイヤーネットを壁に固定して、S字フックを使って掃除機ノズルを引っ掛けます。
その他にも塵取りやほうき、モップ等を引っ掛けることで、掃除用具一式がしっかりと収納出来ます。
壁空間は意外と有効利用されていない場合も多く、置き収納で部屋スペースが狭く感じるよりも便利です。
掃除機本体は、その下にボックスを置いて収納すると良いでしょう。

押入れに便利なキャスター付き100均収納

昔からある押入れは、布団収納の為に真ん中に仕切りがあります。
その為、下の段の収納が奥行がある為、どうしても放置してしまう可能性が出てきます。
そこで、引き出しタイプの収納が推奨されるのです。
100均の板とワイヤーネットを使うことで、簡単に引き出し収納スペースが完成します。
キャスターを付けると、簡単に移動することが出来ますし、掃除機もしっかりと納まります。

ランドリーバスケットでスッポリ100均収納

100均のランドリーボックスは意外と幅が大きく、掃除機もスッポリ入ります。
掃除機を縦置きにすることで取り出しやすく、取手が付いているので、移動にも重宝します。
カゴタイプではなく、布製の場合は、外から見えにくいので、隠す収納が望めます。
お洒落なロゴが付いているので、普通に置いていても違和感が無く、インテリアとしての要素を発揮します。
特に2階との兼用で使っている掃除の場合、そのまま運ぶのが大変なのですが、取手が付いていることでとても運びやすい点でも魅力的です。
ホワイトカラーで統一することで、清潔感があり、見た目を阻害することもありません。

プレンティボックスで綺麗に100均収納

掃除機の大きさによりますが、100均のプレンティボックスも掃除機収納として重宝します。
四角いボックスなので、上に積むことが出来るので、収納スペースに無駄なくしっかりと入れることが出来るでしょう。
ホワイトボックスなので、周囲の色に合わせることが可能で、狭さを感じません。
中身が分かりにくいので、表にラベリングをすることをお勧めします。
コンパクトサイズの掃除機であれば、すっぽり綺麗に収納出来るでしょう。

整理収納整理収納