ドライヤー100均収納と押入れの目隠し100均収納

ドライヤー100均収納と押入れの目隠し100均収納

つっぱり棒とS字フックで簡単引っ掛け100均収納

100均のつっぱり棒とS字フックで、掛けるだけでドライヤーを収納することが出来ます。
洗面台の下や収納棚のデッドスペースを利用して、つっぱり棒を固定します。
そこにS字フックを引っ掛けて、ドライヤーを掛けます。
ドライヤーの線は巻いてしまうと劣化が進む為、フックに掛けることで長く保管が出来ます。
つっぱり棒による空間利用は、デッドスペースを上手く使うことで、無駄なく隙間収納が可能です。
家族分のドライヤーがあるとかさばる為、こういった空間は積極的に利用しましょう。

棚のデッドスペースを有効利用する吊り100均収納

ドライヤーの収納では、使い勝手が良くて、尚且つ置き場所の雰囲気を乱さないようなスペースを選ぶべきです。
普段使わないデッドスペースを有効利用することで、見た目を失うことなく、狭さを感じない綺麗な収納を目指せます。
そこでお勧めなのが、100均の吊り型ラックです。
棚の淵に引っ掛けて、その下のラック部分に物を置くスペースが作れます。
収納棚が白の場合、ホワイトカラーで統一することで、空間が乱されずに綺麗に魅せることが出来ます。
ただ引っ掛けるだけなので、とても簡単に出来る収納アイテムです。

プラカゴで仕切る100均収納

引き出しスペースがある場合、仕切りを付けることで見た目が綺麗で分かりやすく収納することが出来ます。
この仕切りを100均のプラカゴで作ると、はっきり分かりやすい境目が出来て、ドライヤーもすっきり収納可能です。
家族に合わせて何台かある場合は、1つのカゴに上に乗せないようにします。
ドライヤーの劣化も進むので、1カゴに1台を心がけると良いでしょう。
引き出し内のカゴの色は統一するとお洒落で、見た目も綺麗で、狭さを感じないスペースになります。
引き出しでの仕切り収納は、上から一目で全てのアイテムを見やすくする為に便利なテクニックです。

扉裏にファイルケースで100均収納

ドライヤーは、髪を洗った後、すぐに使いたいものです。
そこで、脱衣所に置くのが良いのですが、出来るだけ見せずに隠す収納が綺麗に収納するテクニックです。
そこで普段使わないスペースを有効利用することに努めましょう。
収納棚の扉裏に、100均のファイルケースを取り付けます。
その間にドライヤーやブラシを入れると、普段は隠れる収納になります。
なかなか収納スペースが無いと悩んでいる人は、収納棚の扉裏を利用してみましょう。

タオルハンガーにS字フックで簡単引っ掛け100均収納

脱衣所にタオルハンガーがある場合、この空間をドライヤー収納に利用してみましょう。
タオルを掛けるポール部分に、100均のS字フックをかけるだけなので、とても楽な収納術となります。
タオルハンガーは割と大き目サイズに作られているので、タオルをかけても端の部分は空いていることがあります。
その為、この空間を有効利用してドライヤーを掛けてください。
ドライヤーには引っ掛ける部分が付いているので、S字フックとの相性はとても良いのです。
少しの隙間も無駄にせずに、利用してみてください。

コの字ラックとレースプラケースで100均収納

ドライヤーは脱衣所で使う機会が多い為、洗面台の下のスペースを収納場所として利用すると良いでしょう。
上手くこの空間を利用するには、100均のコの字ラックとレース柄プラケースを組み合わせた収納です。
使い方はとても簡単で、コの字ラックを棚としてその間にレースプラケースを入れるだけで、引き出し収納が完成します。
ホワイトカラーで統一することで、レース調のお洒落なボックスがより惹き立ち、中のドライヤーを隠すことが出来る収納が目指せます。
ドライヤーだけでなく、お風呂洗剤やシャンプー・リンス等のストックを入れて置くスペースとしても重宝します。
全てを同じレース柄プラケースで統一することで、インテリアとして魅力ある収納が実現出来ます。

布カーテンで可愛く100均収納

押入れは普段あまり使わない物等を収納する便利な空間です。
その為、出来るだけ人に見られることを避けたいものです。
来客がある時でも、隠すことが出来るアイテムが必要でしょう。
そこで、100均の布を使ってカーテンを作ります。
100均のカーテンレールを取り付けて、布を付けるだけで完了です。
クリップ式のカーテンレールもあるので、手軽に取り付けることが出来るでしょう。
布にポケットを付けると、ちょっとした小物類が収納可能です。

リメイクシートで100均収納

押入れで剥き出しのままの収納ケースはあまりお洒落ではありません。
そこで、100均のリメイクシートを使ってみましょう。
収納ケースの表面にレンガ調のリメイクシールを貼ると、下地であるプレスチック感が無くなり、重厚的な印象を与えます。
100均アイテムには思えないクォリティの高いシートなので、押入れをお洒落に演出したいのであれば、利用する価値があります。
押入れの全ての収納ケースに統一することで、綺麗に整理された空間を感じることが出来ます。
押入れのみならず、小物類のデコレーションにも使用可能なので、何枚かストックしておくと便利でしょう。

つっぱり棒とシャワーカーテンで100均収納

押入れを見せなくする100均アイテムには、シャワーカーテンも重宝します。
カーテンフックがセットで販売されている為、後は100均のつっぱり棒を天井近くに左右で固定するだけです。
固定する前にカーテンフックをつっぱり棒に通して、シャワーカーテンの要領で普通に使うだけです。
押入れの中身を見られることがなく、中の収納ボックスと白で統一することで、清楚で綺麗なイメージに仕上がります。
カーテンの長さは決まったタイプが多く、長すぎる場合は、ハサミでカットする等して対応しましょう。
昔風の押入れの襖を取り除いて、シャワーカーテンで目隠しするとお洒落で便利です。

ペイントでお洒落な空間100均収納

押入れ収納に欠かせないのが、プラスチックケースです。
半透明タイプの場合、中が見やすくて便利なのですが、お洒落度が若干落ちてしまうのが難点でしょう。
そこで、100均のペイントでリメイクをしましょう。
押入れの壁の色と統一させることで、プラスチックケースが目立たなくなります。
ホワイトで統一すると、清潔で広い空間を演出することが出来ます。
又、二度塗りすることで、ペイント効果も高まり、より一体感が出ます。
塗装の際には、100均の刷毛等も用意しておくと良いでしょう。

目隠し要らずのポップな100均収納

押入れは隠したい気持ちになりますが、ここはあえて見せる収納にこだわってみましょう。
ホワイトカラーボックス棚があれば、より一層ポップな印象が際立ちます。
ボックス棚に合うサイズの収納プラケースを100均で選びます。
その際に出来るだけ色の濃い、色々な色を使ってみるのです。
収納する物に合わせて色を変えてみると、中身が分かりやすくて便利です。
ピンクや赤、緑と色々な色を使うことで、ポップな印象のボックス棚が出来上がります。
子供部屋の押入れ収納に適した方法で、色付き棚は子供の興味を高め、進んで片づけを手伝ってくれるでしょう。

レジャーシートで100均収納

レジャーシートは、行楽の際に便利なアイテムの為、家族で過ごす方にとっては1枚は用意しておきたいものです。
100均のレジャーシートは色々な柄デザインのレジャーシートが販売されている為、好きな柄があれば、そのシートを押入れの目隠しとして利用します。
半透明の収納ボックスの内側にレジャーシートの柄が外に見えるように貼っていきます。
ボックスの内側にも綺麗な柄が欲しい場合は、同じ柄のレジャーシートを貼り合わせるか、別のリメイクシートを使うとリバーシブル感覚が楽しめます。
簡素なイメージのプラボックスもレジャーシート柄でお洒落に演出が可能です。
レジャーシートにはクッションがある為、収納した物を傷から守ることが出来ます。

整理収納整理収納