バッグは上手に収納できてる?いろいろなバッグ収納術のご紹介

バッグは上手に収納できてる?いろいろなバッグ収納術のご紹介

バッグは大きさがばらばらで収納のしかたに悩んでしまいますよね。よく使うものとそうでないものの収納場所を見直して、どのバッグも使いやすくしていきましょう。バッグ収納に役立つ収納術をご紹介しますので参考にしてみてください。

収納の前にバッグの整理を

バッグは、かわいいものがあるとついつい買い足してしまいがちです。バッグの収納を見直す前に、今使っていないバッグを処分してみましょう。数を減らせば収納するスペースもその分少なくてすみます。
トレンドのものは1シーズンが過ぎたら、リサイクルに出したり処分することを考えてみてもいいかもしれません。気に入っているものなら、もちろん処分する必要はありません。しかし、また使えると思って保管していても、流行りが過ぎてしまうと使いづらくなってしまうこともあります。

普段使いのバッグはどうする?

毎日お買い物の時に、よく使っているバッグはどこに片付けていますか?いつも使うものだと、あちこちに放置してしまうことも多いのではないでしょうか。普段使いのバッグは、リビングやキッチンなどに収納しておきましょう。すぐに使えてお部屋に取りに行く手間も省けるので、置きっ放しにすることもなくなります。

バッグの中身は出しておく

バッグの中身は、使っていたバッグに入りっぱなしになっていることはありませんか。そうするとバッグを変えた時に、お財布を入れ忘れた!ということも起こりかねませんね。そのようなことがないように、バッグの中身専用収納を用意して片付けるようにしてみてください。一目で入れ忘れを確認できるので、入れ忘れもなくなるでしょう。

バッグの収納術のご紹介

たくさんのバッグがあると、片付けも面倒でクローゼットに押し込んで終わり、ということもありますよね。バッグの収納がごちゃごちゃにならない収納術をご紹介します。自分の片付けやすい方法で収納してみてください。

ファイルボックスを使った収納

出し入れしやすくすっきりと収納するなら、バッグ1つにつきファイルボックスを1つ用意します。そこに1つずつ収納していけば取り出すときに絡まることもなく、見た目もすっきりと収納できます。

ブックスタンドで仕切り収納

ブックスタンドの幅にサイズが合えば、ブックスタンドで仕切り収納をして1つずつ管理します。収納スペースに無駄がなく、きれいに収納できます。

壁面にフックを取り付けて収納

お部屋の壁にフックを取り付けて、ディスプレイするようにかわいいバッグを収納する方法もあります。ショップのようにきれいに並べれば、バッグを収納するのも手間がかからず、使いやすくなります。

突っ張り棒とフックで吊り下げ収納

お部屋やクローゼットにデッドスペースはありませんか?収納ボックスなどにしまうより便利に収納できる方法があります。デッドスペースに突っ張り棒を設置してS字フックをかければ、バッグ収納の完成です。片付けも引っかけるだけなので、手間がかかりません。

クローゼットにかけるバッグ用収納

工夫してバッグを収納できれば良いのですが、そういったことが得意でない方はバッグ専用の収納を使って片付けましょう。バッグ収納はハンガーバーにかけられるようになっていて、収納ポケット部分にバッグを入れるだけです。洋服をかけるハンガーバーに設置するので、目線の高さに収納できて出し入れも簡単になりますよ。

使用する機会の少ないバッグの収納

普段あまり使用しない旅行用のバッグやハンドバッグなどは、大きな布製の収納ボックスに入れてクローゼットの上部の棚に入れておきます。
バッグだけでなく、どんなものでもよく使うものは手に取りやすい場所に収納するのがポイントです。

まとめ

普段使いのバッグはリビングなどの収納に、出番の少ないものや大きなバッグはクローゼットの天袋に、その他のバッグは目線の届きやすい場所にしまっておけば、出し入れが手軽になります。お気に入りのバッグも大事にしまいこんでおかずに、たくさん活躍させてあげましょう。

整理収納整理収納