片付けられない人たちへ!急な来客に困らないリビングにしよう

片付けられない人たちへ!急な来客に困らないリビングにしよう

雑誌やネットなどでおしゃれなインテリアを見ると、真似したいと思うこともありますよね。ご自宅もすっきりとさせれば理想のお部屋に近づけることができます。しかし、片付けが苦手な方にとってはすっきりさせるのは至難の技ではないでしょうか。

片付けられないのはものが多いから!

片付けてもすぐに散らかってしまう原因はものが多すぎるからです。たくさんものがあるのは、使っていなかったり捨てるものだったりを収納にしまいこんでいる場合がほとんどです。一度収納の中からものを全て出して、不要なものをまとめて処分しましょう。
また、ゴミ捨ての前に何かひとつでも不要なものを捨てるようにすると、少しずつものを減らしていくことができます。捨てるのは洋服でも食器でも何でも構いません。それが日々の積み重ねとなって、ものを減らす習慣へと変わっていくことでしょう。

片付けたくても片付けられない!

すっきりしたお部屋の写真を見たら真似したくなりますよね。しかし、そう思うだけで片付ける行動に移すまでに至らない場合もあります。
片付けるきっかけはどこにあるかわかりません。仕事や知人との会話の中などで片付けよう!という気持ちが働き、アクションにつながることもあります。ハッとさせられる何かに出会った時がお部屋の片付けをするチャンスです。きっと一気に片付けることができるでしょう。
また、定期的に人を自宅に招くという方法もあります。そうすることでリビングだけは必然的に片付けざるを得ない状況にすることができます。

始めに片付けたいのはリビング

事前に来客があるとわかっている場合に、集中して片付けを行なったり、慌ててリビングのものをいったん別の部屋に移動させたりといった経験はありませんか。この場合、突然の来客には対応が難しいですよね。そのようなことがないように、リビングだけはすっきりさせておくことをおすすめします。
リビングをすっきりさせるには、個人のものを置かない、使ったものをすぐに片付けることです。しかし、片付けが苦手な人にとってはそれが難点になります。そこで、簡単にリビングが片付く方法をご紹介しましょう。
まずは次のものを用意します。ボックスはどのようなものでも構いませんが、蓋がついていると積み重ねもできて便利です。

・個人用片付けボックスを家族1人につき1つ
・ハンガー数本
・洋服ボックス1つ

個人用ボックスに個人のものをどんどん放り込みます。
そして、洋服は洋服ボックスへ、コートなどのシワにしたくない洋服はハンガーにかけクローゼットに移動させてください。
これだけでリビングがかなりすっきりします。
ものや洋服を入れたボックスは個人用ボックスは個人の部屋に、洋服を入れたボックスは洗濯に。洋服は一度着たものを置いていることが多いため、リビングを片付けるならリセットする意味でも洗濯をしてしまえばクローゼットに片付けることができます。家族共有で使うものはリビングに置いておくので、リビング収納に片付けてくださいね。
個人用ボックスは1つと決めて、増やさないようにします。でないとどんどんボックスばかりが増えて、ものが増えてしまうことにつながるからです。
個人用ボックスの中はリビングで使うものだけを残し、使わないものは個人の部屋の収納に片付けてください。個人用ボックスはいつでもリビングへ持っていけますし、来客の時には簡単に移動させることもできます。

やっぱりリビングに個人のものを置きたい!

個人のものでも、リビングで1日の大半を過ごされる方はリビング収納に自分のものを収納したいですよね。リビングのものを片付けて空いたスペースがあれば、そこに個人のものを収納してもよいでしょう。使う場所に使うものが置いてあれば、片付けにも手間がかかりません。利用することが多い場所にものを置くと、そこに片付けることができるので、いつでもお部屋をすっきり保つことができます。

1日の終わりに簡単に整頓をする

朝起きてリビングに行った時に散らかったままだと気分も優れません。気持ちよく朝を迎えるために、寝る前に簡単でいいのでリビングを片付けておきましょう。そうすると朝は掃除から始めることができるので、気持ちもリフレッシュできますよ。

まとめ

忙しくて片付ける時間のない方も、片付けたいけれど意欲がわかない方も、1日に5分でも片付けの習慣を作ることができれば少しずつお部屋がすっきりしてきます。まずは、お客様を呼べるようにリビングから片付けを始めてみませんか。

整理収納整理収納