好きな本をきれいに並べる収納術!アレンジで使いやすさもアップ

好きな本をきれいに並べる収納術!アレンジで使いやすさもアップ

読書好きなみなさんは、どのように本を収納されているでしょうか?本のデザインがお気に入りものや、何度も読み返してしまうような本は大切にしまっておきたいですね。しかしそれらの本を収納する時に、高さなどのばらつきが出てしまうのは気になってしまうもの。本を整頓してきれいに並べられる収納術をご紹介していきます。

どんな本棚に収納していますか?

本はサイズがまちまちで、きれいに収納するのにお悩みの方も多いのではないでしょうか。サイズを合わせて簡単に収納できたり、ちょっとアレンジを加えるだけで使いやすい本棚になります。

奥行の丁度よい本棚を選ぶこと

漫画をたくさんお持ちの方もいらっしゃいますよね。小説や漫画の単行本サイズだと比較的サイズの揃っているものが多いので、専用の本棚があればぴったりのサイズで収納できます。通販などで単行本サイズの本棚は、種類も豊富で収納量によってサイズを選ぶことができます。クローゼットや押入れに入れられる可動式の本棚もありますので、収納すればお部屋もすっきりとしますよ。

図書館のような大きな本棚で知的なお部屋に

たくさんの本をお持ちの方は、本棚も天井まであるくらいの大きなものを使って収納すると知的なお部屋に。図書館のように壁一面の大収納ならまとまりもでますし、棚には本以外の小物を収納することもできます。

本を収納する時のひと工夫で使いやすさもUP

使っている本棚にちょっと手を加えると、本の取り出しやすさもかわってきます。

本は背表紙を揃えて収納する

サイズの違う本は並べて収納しても、高さや横幅も違うため揃えようと思ってもどうしてもでこぼこが出てしまいます。そのような時には背表紙側を揃えて収納すると、前面はきれいに揃うので見た目もすっきり。本の背表紙がきれいに揃っているとタイトルも探しやすくなり、でこぼことなっていないため整頓された印象になります。

本棚にひな壇を作る

奥行きがある収納に本を入れていると、つい前後2列に入れてしまいたくなります。しかし、そうすると後ろに並んだ本はタイトルも見えないため、何が入っているかわかりにくなってしまいますよね。
そのような時は後列に空き箱を使ってひな壇を作り、本を置きます。前はいつものように本を並べるだけです。こうすることで後ろの本のタイトルも見えやすくなり、本がどこにあるのか一目でわかるようになります。

本棚の地震対策に

オープンタイプの本棚は使い勝手もよいのですが、地震が起きてしまったら本がばらばらと落ちてきてしまうかもしれません。本棚につっぱり棒で本のストッパーをつけておけば崩れ落ちる心配も少なくて安心です。つっぱり棒を本棚の前面につっぱるだけのお手軽アイデアです。

お子さんの絵本は飾って収納

かわいいデザインの多い絵本は飾っておくだけでもおしゃれにみえます。本棚の目隠しのように前面に置いて、表紙が見えるようにディスプレイのように収納してもいいですよね。また、マガジンラックでも表紙が見えるような収納を使ってしまっておけば、お子さんも絵本を選びやすくなりますよ。

もう読まなくなった本は

読まなくなった本を捨ててしまわずに、リサイクルをすることを考えてみましょう。古本の買取業者もありますので持ち込んでみましょう。また、自治体によっては紙のリサイクルで無料回収を行なっていますので、自治体のリサイクルに出してもよいでしょう。

まとめ

本のごちゃごちゃとした感じをなくしたい場合にはファイルボックスに入れて本棚へ収納したり、おそろいのブックカバーをつけて収納したりといった収納術もあります。本の収納はちょっと手を加えたり、工夫しだいで手にとりやすく整ってみえます。お気に入りの本を本棚に収納してすっきりした空間を作ってみてください。

整理収納整理収納