片付けたくなるキッチンの作り方が知りたい!その収納方法とは?

片付けたくなるキッチンの作り方が知りたい!その収納方法とは?

無駄にものがないキッチンは、清潔感があってお料理もはかどるのではないでしょうか。キッチン周りの収納を上手に行えば、自然と片付けたくなるキッチンに生まれ変わります。

備え付け収納にキッチンアイテムをすべて収納

システムキッチンの場合、備え付け収納スペースが多いので、ものを入れるには十分なスペースがあります。せっかくついている収納をうまく使わなくてはもったいないですよね。
吊り戸棚、シンク下、ガス台下の収納を使って、キッチンアイテムをすべて収納してしまいましょう。
備え付け収納は、ものを使う場所の周辺に収納するのがポイントです。そうすることで、動きも少なく効率的に料理がしやすくなります。

しかし、キッチンの備え付け収納のサイズはご家庭によって違うと思います。
持っている食器も家族の人数によって違ってくるので、備え付け収納を使ってすべてを片付けることが難しい場合もあります。
その時には今からご紹介する、ものの種類ごとのまとめ方、収納方法を活用して収納するようにしてみてください。
備え付け収納の他に、ご家庭で使っているキッチン用の収納棚も使っていきましょう。無理に備え付けの収納に入れこんでしまうと、かえって取り出しづらくなってしまうからです。少し余裕をもって収納することで、使いやすく片付けやすくなるのです。
備え付け収納にはよく使うものを収納するようにして、あまり使わないものや場所を取るものを収納棚に入れこむとよいでしょう。

ものの場所を決めて収納する

設計上、リビングから見えるキッチンは多いと思います。リビングをきれいにしていても、ごちゃごちゃしたキッチンではイメージダウンです。よく使うものでも収納しておく場所を作っておくと、急な来客時にもすぐに片付けられて、あたふたすることがなくなります。今、収納していないものもすべて収納するために、ものの場所を決めておきます。
シンクにはスポンジと食器用洗剤だけをおきます。
吊り戸棚は高い位置にあるため、普段使うものだとすぐに取り出すのは難しいですよね。収納するなら出番の少ない来客用の食器や、軽くて取り出しやすいラップ類などが向いています。軽量のプラスチックのかご、ケースなどを利用するとよいでしょう。食材の保存も火の熱が加わらないシンク側の吊り戸棚に収納します。
ガス台下は調理に使う鍋やフライパンの他に油類、砂糖、塩、コショウなどの調味料を置いておけばぱっと出して使うことができます。
シンク周りに引き出しがあれば、そこにお箸やスプーンなど、カトラリー類を入れます。食器、ボール類、まな板、包丁、掃除用具、ふきんなどはシンク下に収納します。

ものを片付けて収納していく

収納小物を使って片付ければ、ものは取り出しやすくなり片付けも簡単になります。収納小物はプラスチック製のものがよいでしょう。汚れたときに洗ったり拭いたりできるので、衛生的にも安心です。

食材

食材は、ストックを持たないことが大切です。消費期限が過ぎている食材や、何回かしか使っていない調味料はありませんか。処分しなくてはいけないもの、使い切ってしまうものをきちんと整理しましょう。食材のストックを持たないことで、収納する場所も増やせるのです。
種類ごとにまとめて、プラスチックの収納小物ケースに片付けていきましょう。ケースごとに取り出して、使い終わったらすぐに戻すことができます。

食器

食器は使っていないものが意外に多いのではないでしょうか。持っていても使わないものは思い切って処分してしまいます。収納しきれなければ、来客用の食器は吊り戸棚に。食器の量が多い場合は、プラスチックのファイルボックスやかごを使って縦に収納するとすっきり収まります。

調理器具

おたま、フライ返しなどの調理器具類は引き出しに収納します。調理器具もたくさんあるのではないでしょうか。しかし、中には利用頻度が少ないものもありますね。そういったものは、引き出しの奥部分に収納します。

ガス台で使うので、すぐに取り出せるガス台の下に収納しておきます。フライパンや鍋は、プラスチックのファイルボックスを利用して縦に収納すると取り出しやすくなります。

まとめ

シンプルで使いやすいキッチンにすると、きれいに使いたくなります。ものが出ていないキッチンは、片付けておかなければ気になってしまうと思います。片付けたくなるキッチンにするために、ものを減らしてすっきりとしたキッチンを作っていきましょう。

整理収納整理収納